小説目次

最新

2020/4/5 … 見晴らす山は、春の青さ 【洋風・中華風 】
2019/8/4 … 黄色い果実の見せる夢 仲良し雛鳥1、2、おまけ(完結) 【異世界 魔法世界 】

「注」マークから注意ページ(ネタバレ)へ
新↑…↓古 (ジャンル毎)

【異世界 同世界観 】

lll 同一の世界観(イバス大陸)のファンタジー。西洋中近世風で魔族、異種族などがいます。つながりは薄めなので、読む順番はご自由に lll

おすすめ

『切り裂いた爪』

敵将軍(狼の異種族) × 王の影武者
【正体を知らず惹かれあう】
逃亡する王の身代わりとして捕虜になったエリオンは、敵国の将軍の前に連れていかれる。それは幼い頃父の命を奪った仇敵ジャックだった。傲慢な王として、彼に非協力的な態度を取るエリオン。軟禁中、美しく巨大な狼と出会う。
魔族 × 逃亡中の貴族
【魔族側に堕ちた人間がみた世界】
国を追われた貴族カインは、不思議な洞穴の奥に朽ちた街を見つける。そこに一人住む美しい男に、カインは心奪われる。
※時系列はそのまま左順です。
将校 × 研究助手
【淡々とした恋の始まりまでのお話】
魔族討伐のために、情報収集や研究に長けたロティーナ騎士団を訪ねた将軍メルシャファ。変わり者ばかりの騎士団で、団員の一人、ハルベールが相手をしてくれることになった。
将軍 × 聖職者
【一緒にはなれない二人】
神殿の閉鎖された庭で、幼い二人の少年は出会った。神の力を持つと云われる教王メイスは、幼さゆえ力の制御ができず、貴族の少年イジャティカの片腕を奪ってしまう。
大人になり再び出会ったが、メイスの正体に気づかないイジャティカに、メイスは何も告げることができずにいた。
将軍 × 人外医者
【異種族と剣と薬のファンタジー】
異形の民でありながら医術の腕を見込まれ、人間の帝国の王宮に軟禁されて働かされるボロウェ。ある日帝国の軍人アネスに強引に連れていかれ、兵士の治療を頼まれる。反発しながらも、怪我人は放っておけず治療する。それからアネスに声を掛けられるようになる。
貴族 × 従者
【軽いお触り話】
有能だが風変わりな主イアンに仕えるロン。彼の体調を心配しているうちに、彼が吸血鬼であるという秘密を知ってしまい、食料扱いされるように。
【異世界 魔法世界 】

lll 単体の世界観のファンタジー。西洋中近世風で、魔法・異種族などの要素があります lll

おすすめ

『黄色い果実の見せる夢』

魔獣族の王 × ノーム族の奴隷
【王子様を待ち続ける奴隷】
人族の城で下働きをする奴隷の少年は、王女の嫌いな果実を内緒でもらうようになった。王女が教えてくれるまだ見ぬ婚約者の話。少年は彼への憧れを膨らましていく。
時は流れ、花嫁を迎えにきたのは、残虐と噂される異形の魔獣王だった。
鬼人族の軍人 × 花屋
【ひたすら甘い恋と愛撫】
魔物に襲われていたユメルを救ってくれたのは、街を守るため赴任してきた鬼人族部隊の隊長ザークだった。逞しい彼にはユメルがか弱く見えるのか、とても優しく守ってくれる。エロ重視。
目の見えない主 × 秘密のある召使い
【心を隠したまま抱き合う】
主であるアランを密かに慕うチャム。彼と壁を感じても、側にいられるだけで幸せだった。けれどチャムが隠していた魔力のせいで神託が下り、婚姻をしなければならなくなる。エロ重視。
【洋風・中華風 】

lll 魔法のない世界。西洋中近世風や中華風など lll

おすすめ

『御主人様の寝台で』

職人の師 × 弟子
【すれちがいほのぼの】
今日もシオンは尊敬する師と、山奥で金細工作りに励む。
将軍 × 舟渡し
【傷つけた悔悟】
舟渡しのフウは、街に赴任してきた将軍イグスと知り合い、ほのかな憧れを抱く。だがある夜、間者に間違われたフウをイグスは信じてくれず、体も心も深い傷を負い、彼を恐怖するようになる。
御曹司 × 使用人
【身分差に隔てられる】
烙家に仕える宝は、烙家の御曹司の綾に、恋心を抱き続けている。幼い頃は兄のように優しく接してくれた綾は、ある頃から離れていった。中華系の雰囲気。
貴族 × 見習い執事
【さっくりお触り】
有能執事を目指すシュロは、今日も旦那様の寝起きの悪さと格闘する。
貴族の私兵 × 王の秘書
【お隣さん】
イクサビアのアパートには毎日誰かの歌声が聞こえてくる。その歌い手ピュゼットと仲良くなり、彼の悩みを聞く。歌の上手さを買われ、主である王に無茶振りをされて練習しているらしい。
貴族 × 軍人
【隠し事と空回り】
王軍に属す軍人カララは、有力貴族ニザ家の主シザリと縁があり、彼に憧れてひっそり追いかけ回すが、彼は何かを隠しているようだった。
女誑し × 聖職者
【正反対の二人】
女誑しのアジサは見た目は絶世の美人のレシエマに興味を持つが、お堅いレシエマとは相性が悪かった。
王 × 補佐役で元教育係
【我が侭な年下王とのラブコメ】
教育係としてつきっきりだったヘキを、いまでも側に置いておきたい王は……。
【和風時代物】

lll 日本の戦国~江戸時代のような雰囲気です lll

おすすめ

『月夜』

無愛想な侍 × 従僕の少年
【溺愛執着×すりこみ従順】
江戸時代風。遊郭で小間使いしていた雪乃助は、謎めいた侍に身請けされる。
主 × 家臣
【一夜かぎりの夜伽】
戦国時代風。主の嵩信の寝所に詰めていた彦十郎は伽を命じられる。憧れの人の寵を受け、幸せの只中にいたはずが、翌日小姓をはずされる。
隣国の客 × 青年侍
【軽く見えて心を隠す男】
戦国時代風。主である荒木家に届いた文の筆跡に一目惚れした佐一郎。そこには文の主である帆野善十郎の窮状が書かれていた。助けるにはその文を持ってきた男、芳把の心を動かさなくてはならなくなった。
【現代物】

lll 現代が舞台です lll

溺愛先輩 × 鈍感後輩
【高校生同士のイチャ甘】
律規はテニス部のエースの国笠先輩に憧れている。最初はどちらかといえば冷たくされていたけど、いつからかとても優しくしてもらえるようになる。
▲ 上に戻る