こめ油の原料は米ぬか

米ぬかは、玄米を削って精白米にするときにできるもの

こめ油は、お米からとれた米ぬかが原料
米めかを搾ってつくられたこめ油には、玄米が持つ健康パワーが凝縮されています。 米ぬかには、多様な抗酸化物質を含むことが知られています。米ぬかには、 血圧、脂質、血糖値下げる成分を含んでいることが明らかになっています。 米ぬかの成分には、ビタミンB群とビタミンEを豊富に含んでいます。

米ぬかの栄養素
米ぬかには栄養素がぎっしり詰まっています。米ぬかには、タンパク質や 脂質、食物繊維、カルシウム、ナイアシン、マグネシウム、ビタミンB1 、 ビタミンB2 などの栄養素を豊富に含んでいます。

米ぬかの利用法
米ぬかの利用には、米ぬか石鹸や米ぬか洗剤、米ぬか油(こめ油)、糠みそ、 米ぬか風呂などがあります。 米ぬかに含まれる栄養成分は、体にさまざまな健康効果を与えます。米ぬかに含まれる 栄養成分は、肥満解消や血糖値改善、高血圧解消、コレストロール値低下、 便秘解消などの健康効果が期待できます。

米ぬかの美肌を保つ効果
米ぬかは美肌効果が抜群なのです! 米ぬかに含まれるビタミンB1やビタミンB2には、お肌のしみを薄くする効果が あります。米ぬかには、お肌の汚れを落とし、つややかでハリのあるお肌になると 評判です。米ぬかには、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンE、アミノ酸、 カルシウム、鉄などの栄養成分が豊富に含まれています。

米ぬかの健康効果
米ぬかを摂取すれば、栄養価の高い玄米を摂取するのと同様の効果が得られます!

米ぬかには、血圧やコレステロール値を下げる効果があることが明らかになりました! 米ぬか成分には、糖尿病や高血圧改善、予防に効果のあることが判明しています。 米ぬかにはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

美味しいこめ油の利用法

こめ油は、ヘルシー油です。

こめ油は、安心して使用できるヘルシー志向の油です。
こめ油は、揚げ物や炒め物、マヨネーズやドレッシングの材料など食用油と同様に 使用できるヘルシー油です。こめ油は、オールマイティな美味しさが楽しめます。

こめ油は、オレイン酸を豊富に含み、美肌成分のオリザノールを含有します。 こめ油で調理した揚げ物は食感や風味がよく、油酔いしません。
こめ油は、美味しくて、栄養価の高い食用油
こめ油は、白米に混ぜて炊くだけで、玄米の優れた油成分を補うことができる 健康油です。
こめ油は、料理を美味しくします!
こめ油は、リノール酸やオレイン酸などをバランスよく含み、酸化安定性、保存性に 優れているので、揚げ物の風味を保ちます。こめ油は、酸化安定性に優れていて、 長時間たっても美味しさが変わらないのです。
こめ油は、不けん化物が多いのも特徴的です。
油っこくなく、揚げ物や卵焼き、ドレッシングに 最適な食用油です。 こめ油には、機能性に優れた有効成分が含まれています!
こめ油は、米ぬかから抽出
こめ油は、米ぬかから抽出、精製された油ですからこめ油には、米ぬかの栄養分も たくさん含まれています。

米の揚げ菓子などの米の風味を充分に引き出すためには、米由来のこめ油が 必要不可欠なのです。 こめ油は、美味しさと栄養を兼ね備えた食用油なのです。こめ油は、 国産原料100%なので安心、しかも遺伝子組み換えの心配がないため学校給食の 4割でこめ油が採用されています!

こめ油の効果

こめ油は悪玉コレステロールだけを減らします。

こめ油がコレステロールの沈着をふせぐ効力がもっとも大きい
こめ油は、コレステロールを下げる効果が植物油で最も高く、紅花油と混合するとその効果がさらに高くなります。こめ油単独よりもこめ油とべに花油を7対3の割合の 調合こめ油で摂取したときが、最も高いコレステロール低下します。

こめ油の不ケン化物中にコレステロール沈着を防ぐ作用を持つ物質が 含まれているため、こめ油は、リノール酸含有量が少ないのですが、コレステロールの 沈着を防ぐ効果があります。

こめ油は、コレステロールの酸化を防ぎます!
こめ油には、トコトリエノールやγ‐オリザノール、トコフェロールなどの 抗酸化成分を豊富に含み、こめ油は、コレステロールの酸化を防ぐのに有効です。

こめ油の抗酸化成分が、細胞のがん化を防ぎます。
こめ油に含まれるトコトリエノールやγ‐オリザノール、トコフェロールなどの 抗酸化成分が相乗的に作用して活性酸素を除去し、細胞のがん化を防ぎます。
こめ油は、心臓病や脳卒中予防に有効
血管の老化を抑え、こめ油に含まれるトコトリエノールがビタミンE(トコフェロール)とともに血行を促進し、心臓病や脳卒中予防に有効に働きます。
こめ油は、脂肪酸組成のバランスが抜群!
こめ油は、高コレステロール血症や動脈硬化、がんなどに対する治癒効果が 期待できます。

こめ油は、耐熱性や保存性に優れています。こめ油のすぐれた栄養成分が注目され、 最近では病院食や学校給食で使われています。

こめ油の天然の栄養成分

こめ油は多くの不けん化物が含まれています。
こめ油に豊富に含まれている「不けん化物」は、 抗酸化作用のあるγ‐オリザノールや植物ステロール、トコトリエノールと 呼ばれている成分です。不けん化物こそ、こめ油の健康パワーを担っているのです。 こめ油に多く含まれている不ケン化物は、油以外の微量成分です。
こめ油に含まれる不ケン化物は、血中のコレステロールを 低下させる働きがあると言われています。
植物油は脂肪酸と不ケン化物からできています。
不ケン化物は、植物油に1%以下含まれている脂肪酸以外の成分ですが、 こめ油には、2%以上も含まれているのです。こめ油に含まれている不ケン化物の 一つであるγ‐オリザノールは、他の植物には含まれていない、こめ油特有の成分です。
植物ステロールとは?
植物ステロールは、植物に広く含まれる成分で、植物油の中でもこめ油にはたくさんの 植物ステロールが含まれています。
植物ステロールは、油の食物繊維
こめ油には植物ステロールが豊富に含まれていて、 植物油の中でも最高の含有量です。植物ステロールは、油の食物繊維とも呼ばれていて コレステロールを減らす働きがあります。
こめ油は、植物ステロールを豊富に含んでいます。
植物ステロールは、コレステロールの吸収を妨げるという性質があります。 植物ステロールにより減少するのは、血液中の悪玉コレステロールで、 善玉コレステロールは、ほとんど減りません。
油の酸化抑制作用がある植物ステロールをこめ油は多く含んでいます。

冷めてもおいしいお米
雑穀ごはん

こめ油の特徴

お米から生まれたこめ油の特徴
こめ油は脂肪酸のバランスがよく、オレイン酸とリノール酸の 割合がほぼ同じぐらいあり、飽和脂肪酸が他の植物油よりやや多いです。 こめ油は、軽く香ばしい風味で、ポテトチップスや揚げ煎餅の油として使われてます。
こめ油は、酸化安定性に優れており、揚げ物などの高温調理に「油酔い」 しにくいという特徴があります。
こめ油は、米ぬかを絞り、原油を精製
こめ油は、油臭さが無く、口当たりもさっぱりしています。 こめ油は日本唯一の 国産原料油です。
こめ油は、毎日のお料理に万能です。
こめ油は、揚げ物にすると風味が良く香ばしく、高級料亭やレストランなどでも 使用されています。こめ油は、マヨネーズやドレッシングなど多くの料理にも合います。
こめ油は、健康ブームで一般にも普及
最近の健康ブームにより、こめ油の 優れた健康効果、美容効果が知られ、こめ油の価格もオリーブオイルと同じぐらいに なって注目されています。
こめ油は酸化されにくい
こめ油には、γ―オリザノール、トコトリエノール、植物ステロールなどの優れた成分が多く含まれています。
こめ油は、天然の抗酸化成分が豊富に含まれていますから揚げ菓子などの品質を 長持ちさせます。

こめ油の話

お米から生まれた油
こめ油は、「ぬか」 から抽出した油で、こめ油の使い方は、普通のサラダ油と一緒です。
こめ油は、米ぬかを原料にして、抽出、精製してつくられています。米ぬかから できるこめ油はほんのわずかなのですが、米ぬかに含まれるたくさんの栄養成分が 生かされています。
こめ油は、国産原料で作られている植物油
玄米1合の米ぬかからできるこめ油は2gとわずかです。こめ油は、玄米を削って 精白米にするときにできる米ぬかが原料として使われています。玄米1合の 米ぬかからできるわずか2gのこめ油の中には、たくさんの栄養成分が 含まれています。こめ油には、コレステロールを低下させる働きがあり、 こめ油に含まれる栄養成分には、他の食用油には含まれず、成長促進などの効果がある γ-オリザノールや、植物ステロール、トコトリエノール、トコフェロールなどです。 こめ油は、加熱安定性が良く、油酔いを起こさずにかりっと揚げられる とてもおいしい日本唯一、国産植物原料の油です。
こめ油はコレステロールを下げる
こめ油は、豊富な植物ステロールが含まれていますから悪玉コレステロールである LDLコレステロールを低下させます。しかもこめ油にはコレステロールを 含んでいません。コレステロールを下げる効果としては、食用油のなかで こめ油が最も高いことが知られています。
こめ油は、料理に旨味がでる、胃もたれしません。
こめ油をてんぷらにつかうとプロの 料理人が揚げたようにサクッと揚がりてんぷらの素材の旨みが倍増します。 こめ油の味は軽く、食べた後の胃のもたれ少ないので、日本料理にはかかせません。 また、こめ油を使う自治体が急速に増えて給食で使う油を見直し、全国の 学校給食の四割以上にこめ油が採用されています。
こめ油は酸化されにくい
こめ油は、酸化され、劣化しやすい高度不飽和脂肪酸の割合が少ないため、 こめ油は酸化されにくいのです。こめ油は油切れもよく、油の劣化もしにくいので 風味がよく、美味しく召し上がれます。
こめ油は、酸化が遅いため、体内の活性酸素の働きを抑え老化防止に効果が 期待できます。