Home

スポンサードリンク

健康を維持 栄養素の働き

アラキドン酸

脳の働きに重要な役割を果たしていると注目されています。
アラキドン酸は、記憶などの脳の働きに重要な役割を果たしていると注目されています。アラキドン酸は、母乳やレバー、卵黄にわずかに含まれるていますが、体内でアルキドン酸を合成するために、食品からリノール酸を摂取して、不足分を補いますが、高齢者や乳幼児では合成する酵素の働きが弱いために、合成量が少ない状態です。アラキドン酸は”ビタミンF”とも呼ばれ、必須脂肪酸の一つです。アラキドン酸は、細胞膜などを形成しているリン脂質を構成している脂肪酸の一種で、脳細胞を作ったり、認知応答力を高める働きをしています。アルツハイマー型痴ほう症は、記憶をつかさどる脳内の海馬に存在しているアラキドン酸が減っているという研究結果があります。アラキドン酸を含む食品には、魚介類やレバー、卵、肉類などです。

スポンサードリンク

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

α-リノレン酸

食事から摂取する必要がある必須栄養素です。
α-リノレン酸は、人体では合成や蓄積をすることができないため、食事から摂取する必要がある必須栄養素です。リノール酸の摂りすぎは、脳梗塞や心筋梗塞、ガン、アレルギー疾患などを促進させますが、α-リノレン酸はこれらの疾病を予防し、改善します。α-リノレン酸には、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。必須脂肪酸には、n―6系(リノール酸が代表)とn―3系(αリノレン酸やEPA、DHA)の二つがあります。n―3系であるαリノレン酸、EPA、DHAなどは、現在は不足している状況で、リノール酸とのバランスをとる必要がありますので、積極的に摂ることが、大切です。

スポンサードリンク

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

甘草(カンゾウ) パラチノース

  • 2013-10-13 (日)

甘草(カンゾウ)

甘草(カンゾウ)は、マメ科の多年草で、”アマキ”、”アマクサ”とも呼ばれ、生薬です。
カンゾウは、砂糖の約50倍の甘さがありますので、甘味料として使われています。
甘味成分としては、グリチルリチンやブドウ糖、ショ糖などが含まれており、醤油の甘味料として使われています。
カンゾウの根には、砂糖の150~200倍ほどの特有の甘味があり、しょう油やみそ、菓子、飲料などに味を整える甘味成分として使われています。

パラチノース

パラチノースは、虫歯の原因にはなりません。パラチノースは、砂糖に微生物を作用させて作ります。
パラチノースは、ゆっくりと消化、吸収されるために血糖値の急激な上昇を起こしません。パラチノースは、砂糖に酵素反応をさせて作る甘味料です。
還元パラチノースは、パラチノースに水素添加させて作りますので、消化、吸収されにくくなります。
パラチノースを摂取し続ければ、食後の過剰なインスリン分泌を抑えることができます。
バラチノースやマルチトール、エリスリトールや還元パラチノースなどは、虫歯菌の栄養源にならない成分で、ガムやキャンディーなどに利用されています。

米ぬか油 効果
おいしいお米
自然と若返るポイント
アミノ酸 栄養バランスを改善
薬味の健康効果
カルシウム不足

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ステビア キシリトール

  • 2013-10-10 (木)

ステビア

ステビアは、南米原産のキク科ステビア属の多年草から抽出される天然の甘味料です。
ステビアの甘味の正体は”ステビオサイド”という成分で、甘さは砂糖に比べると100倍以上ありますが、砂糖よりも低カロリーです。ステビアを使った商品には、醤油やラーメン、ふりかけ、清涼飲料、ヨーグルトなどがあります。
ステビア農法とは、ステビアの抽出液からとれる粉末やエキスを畑に蒔けば、作物はステビア成分をたっぷりと吸い込んで、甘味の増した果物や野菜になるという農法です。ステビアは、安全性が高く、人体に全く無害です。

キシリトール

キシリトールは、”キシラン・へミセルロース”を原料とした甘味料です。キシリトールは、多くの果実や野菜の中に含まれており、また人体でも作られています。
砂糖と同等の甘味度があります。キシリトールはインシュリンに関係なく代謝されるので血糖値に影響を与えません。
キシリトールを含んでいる食品には、ラズペリーやイチゴ、イエロープラム、レタス、カリフラワー、バナナ、くるみ、たまねぎ、にんじん、ほうれんそうなどがあります。キシリトールは、口の中でたいへん爽やかな冷涼感が得られます。

マルチトール

マルチトールは、チューイングガムやチョコレート、ケーキなどの砂糖不使用の製品に非常に適している甘味料です。
マルチトールは、甘薯やトウモロコシなどに含まれているデンプンから作られる糖類です。マルチトールは、多く摂取すれば、下痢の原因にもなります。
マルチトールのカロリーは、砂糖の半分で、消化されにくくて、大腸で有機酸として吸収されますので、血糖になりません。
糖尿病や肥満などカロリー摂取制限が必要な人に最適です。

中高年元気
その疲労感危ないかも?
モデルの基本条件
大人かわいいガーリー

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

甘味料 ソルビトール

  • 2013-10-10 (木)

甘味料

甘味料には、人工甘味料と天然甘味料のものなどがありますが、砂糖と同じ甘さでありながらも体内で吸収されにくい栄養素です。甘味料は、カロリーが低く、血糖値を上げ難くする作用がありますので、糖尿病の人でも安心して使用できます。
甘味料には、ステビアやカンゾウ、キシリトール、ソルビトール、マルチトール、パラチノース、アスパルテームなどがあります。
最近のように神経を使うことが多くなれば、エネルギー補給として甘いものを適度にとることが必要です。

ソルビトール

ソルビトールは、”ソルビット”とも呼ばれ、ナシやリンゴ、モモなど、バラ科の果物に多く含まれる甘味料です。ソルビトールは、一般的に、ブドウ糖から合成された指定添加物で、砂糖の約60%の甘さを持ちます。
蜜入りりんごというのは、熟度がすす んで、ソルビトールが果肉に蓄積 された状態のものを言います。
食品添加物として、のり佃煮やジャムなどに使われています。ソルビトールは、糖アルコールの一種で、水分を一定に保つためので、保湿剤や柔軟材として使われています。
ソルビトールは、タンパク質を安定化させることやでんぷんの老化を防ぎ、脂質の酸化を防止し、他の糖類に比べて発酵しにくいなどの特性があるために、広く食品に使用されています。

年齢肌対策
中高年期 趣味と体力アップ
中年の悩み 大人の恋愛
中高年世代 パワー団塊スタイル

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 212

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top