112.jpg

こいしちゃんのフォトフレームなんですが、
ポストカードに描いてしまったために印刷
したものと分かりにくい!

一見「本当に塗ってるの?」と思われるかも
しれませんので、実際に塗っているのが良く
分かる画像を用意しましたのでこの分かり辛
さを体感して(?)いただけたらw

それでは、神居祭でお会いいたしましょう!

111.jpg

お品書きの映姫さまが光っている感じがするのは画像の
加工でもトリックでもなく、特別仕様の金塗料を用いて
いるため実際に輝いているのです♪

神居祭へお越しの際はお手にとって映姫さまの輝き具合
を眺めてみてくださいね~!

110.jpg

補足をいくつか。
画像はまだ未完成のものですが、今回の神居祭で
こころちゃんの色紙をお買いあげいただくと特典
として画像の線画をお付けいたします♪

塗ってみるもよし、眺めるもよし(?)です(笑)

108.jpg

2月18日(日)にホテルさっぽろ芸文館3階にて行われる【極・東方神居祭11】
へ出展いたします。イベントへの参加は少し間が空きましたが、この会場
での開催も残り2回ということで雰囲気を楽しめたらなと思っております。

雪まつり(雪ミクさん含む)にオリンピックに別イベントの用意など、誘惑
多い時期ではありますが何とかブースを形にしていけるようがんばります。

107.jpg

映画公開記念特番から既に泣けるFate/stay night [Heaven's Feel]より間桐桜
イラストの完成が映画公開日から既に3日経っていて別の意味で泣ける。
早く公開したかった性質上、今回背景は素材をお借りしました(深礼

桜、映画主演本当におめでとう~!!!!

106.jpg

アイドルマスターシンデレラガールズの鷺沢文香さん。

実に10年ぶりのフルカラーCG(汗
マンガにアナログ画材と暫くCGから離れていましたが、
リハビリも兼ねてまた一から勉強し直していきます!

J1開幕!そして東方ざふぇすたです!

ん?神居祭出てたの?と、このブログをお読みの方には思われそうですが実は出てましたw
ブログにツイ、pixivと告知の場が分散してしまってるのは考えものですがもうこの状態が
続いて暫く経つので、これからはもう余り気にせずにその時気が向いたところで告知する
スタンスにしていこうかと思ってます(ぁ

今回の神居祭では個人的にずっとやりたかった初の試みなどもしたため、スペースを実に
合計で2時間以上誰も居ない状態で空けることになってしまったうえに、1時間も爆睡して
しまうというかつてないくらいの惨状で、途中から試みの方にばかり頭がいってしまって
私自身が殆どサークル参加した実感すら無いままに終わってしまったような神居祭でした。
恐らく、最初と最後の30分ずつくらいしかまともに売り子の役目できてません…(TT)
それを差し引いても余りあるほど今回の試みによってイベントの新たな魅力と一面を知る
ことができたといいますか、自分的に楽しかったのでたまにはこういう神居祭があっても
良かったんじゃないかと思っています。

ただ、留守にしていた間や寝ていた時にスペースにいらしてくれた方がいたのなら、本当
に申し訳ないです。東方ざ・ふぇすた第十八幕はサークルとして真面目に参加させて頂く
所存ですので、そちらにてお会いいたしましょう♪

103.jpg

半年近くもブログの更新が止まったままだったのでタイトルはこれで!(TT

今回はざくっと昨年を振り返ってみたいと思います。

昨年のイベント参加は東方・ざ・ふぇすたが第15~17幕の計3回、東方神居祭は2月28日の1回、あとはラブラッシュに1回で年5回の参戦でした。これが多いのか少ないのかは分かりませんが、7月~12月のイベント参加が1回で2月~6月までが4回と結構偏った感があったのは確かでしょうか。

年明けから6月頃までは他に遊戯王の映画を観にいったりArc-Vに明日香が登場してテンション最高潮になってデッキ作りに燃えたりとそんな感じで進んでいきました。そして冬から春にかけてこもりがちだった体力をランニングを重ねて取り戻しているとあっという間にサッカーのEUROが始まりました。

C.ロナウド率いるポルトガルはEURO2004からずっと応援しているチーム(ルイス・フィーゴやマヌエル・ルイ・コスタとかがいた頃から)で、サッカーの代表国としては日本の次に応援している国であったりするので、それはもう応援には力が入りました。勝ち進み方はほぼ全試合不恰好だったけど、優勝できて本当に良かったです。何と言われようとも結局は勝った者が強いんです!しかし、EUROではホスト国は決勝に進むと敗れる運命なのでしょうかね(^^;ゞ

そしてEUROが終わるや今度はJリーグ!北海道コンサドーレ札幌が大一番の7月を迎えました。セレッソ大阪戦に始まり、ファジアーノ岡山に松本山雅、レノファ山口と、どうしてこんなにコンサドーレばかり…と涙目になりかねない程の強豪との連戦が続きました。結果はセレッソとファジアーノにはスコアレスドロー、松本とレノファには勝利と、最高の流れで難局を乗り切ることができましたが、この連戦の流れは確実にリーグ戦終盤に重くのしかかって来るだろうと思わざるを得ないほど厳しい試合の連続でした。

真夏に入ると今度はリオオリンピックが開幕しました。寝不足と不規則な生活に耐えながらも歓喜に沸いた嵐のような一ヶ月間でした。リオオリンピックはメダル獲得数もこれまでの大会に比べて多く、今までなかなかメダルと縁の無かった競技でも獲得できたので応援のし甲斐があったと共に、東京オリンピックに向けての期待も大いに膨らむ大会となりました。

そんなオリンピックと平行して、コンサドーレも先月に続いて清水エスパルスに京都サンガといったJ1昇格を争う強豪たちとの大事な一戦が続きましたが、この厳しい真夏の決戦もなんとか無傷に近い形で無事乗り切ることができました。

あとは夏も終わりに近づいた頃、大丸藤井セントラルさんからサンクスセールのご案内(ほぼ全館2割引!)がやって来て大量の欲しかった画材などをここぞとばかりに買って来れたのも良い思い出です。

他にも夏や秋は悪い意味で盛り上がったサッカーW杯最終予選などもありましたが、何と言ってもシン・ゴジラにゴジラ展でしょう!邦画のゴジラは12年ぶりくらいということで観るほうもめっちゃ気合入ってましたし、作るほうも庵野監督起用したりと気合が違っていて、上映前から話題の映画となっており今までゴジラを観にいったことが無い人とかまで巻き込んでホント祭りのような雰囲気になっていたのが長年のゴジラファンとして本当に嬉しかったです。近年のゴジラは年々コアなファンのものになっていってて、このまま邦画版ゴジラは先細りしつつ忘れ去られていくのかなっていう残念な気持ちが少なからずありましたので。まさか年末の紅白でもあんなに取り上げてもらえるとは…(T-T)

ゴジラ展のほうは初代~FWまでがメインで、話題のシンに関するものは殆どありませんでしたが、それでも大盛況だったみたいで一ファンとしてゴジラ、完全に蘇ったな~と感じた一年になりました。古くからのファンには本当に楽しめる展示が多く、自分は4時間も長居して存分に堪能するくらい満足できたゴジラ展でした。

秋にはもう一つ、ウチのサークルのメンバーでもあるS'を含む友人たちとまさかの餓狼伝説SPECIAL(通称:ガロスペ)の徹夜合宿がありました。『最近ネットでガロスペ盛り上がってるらしいね。久々にやろうよ』ってな軽い冗談から始まったこの企画はまさか実現することになろうとは思いもしませんでした。だって(合宿時点で)2016年だよ!? ※ガロスペの発売日は1993年 でも、あの晩は間違いなく当時と同じ時間が流れていたなぁ。本当に素敵で熱い、秋の一夜でした。
今年も神居祭後の2月24日にガロスペ徹夜祭開催決定で自分も参加することになりましたwww

話を戻しますが、冬の足音がしてきた頃、夏の激戦を乗り切って昇格マジックが点灯しかけたコンサドーレにダメージが出てきます。第37節の東京ヴェルディ戦、第38節のロアッソ熊本戦で今季初となる連敗。第39節のカマタマーレ讃岐戦には勝利したものの、第40節の徳島ヴォルティス戦に再び破れて残り2試合を残して(当時2位の)松本山雅と(当時3位の)清水エスパルスに勝ち点でほぼ並ばれてしまいます。残り2試合を1勝1分以上が必要になったコンサドーレでしたが、運命を分けることとなった第41節のジェフユナイテッド千葉で先制されるも劇的な勝利を手にし、これがきっかけとなって見事、J1への切符を手にすることとなりました。

なお、第39節のカマタマーレ讃岐戦の日は東方神居祭と重なっていてコンサか神居祭かギリギリまで悩んだ挙句、札幌ドームへのチケットを購入しましたが、結果としてホームラストの勝利となる貴重な1勝を目の当たりにできてとても良かったです。

冬にはもう一つ、嵐のコンサートにまた行けたのは嬉しかったです。しかも今回はアリーナ席だったので、すごく近くで観ることができましたし、元気や活力といったものを沢山貰えた気がします。やっぱりコンサートは良いですね♪

これら全てが終わった後、何とか参加が間に合いそうだったので10日間くらいの準備期間で用意できる限りのものをかき集めて東方・ざ・ふぇすた第17幕へ参加したまでを書き連ねてみましたが、こう振り返ってみると…7月以降全然イベントに参加できる時間的余裕が無い年だったのかなぁと思わされてしまいました。オリンピックにEUROある年はただでさえヤバいのにそれにコンサの昇格と遊戯王にゴジラの映画なども加わって近年に無いくらいリアルが充実(!?)した一年だったなぁと普通に感心してしまいました(ぉ