世界的に話題沸騰のPokémon GOを小生もやってみました

7/22に日本でもサービス開始となったPokémon GO。NHKの昼のニュースでも取り上げられるなど社会現象にもなりそうな予感がします。その日の夜の帰宅途中、いたる所でスマホを手にした人を見ました。普段、犬の散歩をしたりする人は見るものの、スマホを見ながら立ち止まっている人が多くいる場所があったりしてちょっと異様な雰囲気。この人たちもPokémon GOをやっているのでしょう。

いつも流行に遅れる小生ですが、この世界的なウェーブに乗っかってみようと思い、小生もPokémon GOをやってみました。ゲームボーイで初代ポケモンをやったことがあるので、世界観やキャラクターにはそれなりに親しみを持っていましたので、Pokémon GOにも興味はありましたのでね。

続きを読む

プレスポのプチオーバーホールをしました(その4 クランクを取り外しクリーニング)

小生の若草号、いろいろバラしたり付けたりしてきましたが、購入して以来まだバラしていない箇所がおよそ3箇所。クランク、BB、フォークとヘッドパーツ。今回は、クランクの取り外しと掃除をしてみます。BBをばらすにはまた専用工具が必要ですし、フォーク周りはもう少し下調べしてからにします。

続きを読む

Bryton Rider310用にGerminのスピード&ケイデンスセンサーを購入したよ!

Bryton Rider310はケイデンスも計測できるGPSサイクルコンピュータなのですが、純正のスピード&ケイデンスセンサーは海外通販でも1万円近いプライスタグですので、おいそれとは手が出ません。でもケイデンスは測りたいので、どうしたもんじゃろの~と考えていると、実は純正のセンサーではなくても、ant+(アントプラス)という規格のセンサーであれば社外品でも使用可能ということが分かりました。社外品のセンサーの中では、台湾の自転車メーカーであるGIANTのセンサーが安価な上に性能も問題ないそうな。GIANTの製品は通販での取り扱いがなく、GIANT代理店の店頭販売のみなので、さっそく札幌市内の某GIANT代理店に行ってみました。

続きを読む

Wiggleで買ったロードバイクに付属してきた工具は果たして使えるのか!?

イギリスがEU離脱の方向に舵を切りましたね。世界の情勢、経済は今後どうなるのでしょうか。株価の下落とともに、ポンド安が進んでいます。小生がロードバイクを買ったWiggleはイギリスの通販会社ですので、ポンド決済がおすすめだそうです。

イギリスがEUを離脱!改めてポンド建て決済の方法を解説する | 自転車パーツの海外通販情報局

そうそう、小生が買ったロードバイクには簡易的な工具が付属していました。今日はこれについてレビューしてみようと思います。

続きを読む

SKYMARKのタイガースジェットに乗ってきたよ!

特別デザイン機「タイガースジェット」の運航

スカイマークが期間限定で運航しているタイガースジェット。上記リンクのとおり、特別デザインの機体、タイガースカラーのヘッドレストカバー、縦縞のユニフォームをまとったCAさんたち・・・と、かなり魅力的な飛行機なのです。ただ10月末までの期間限定のうえ、スカイマーク全路線の中で2機のみの運行とのことですので、実際に乗るのは至難の技・・・というか無理だと思っていたのです。

ところが!先週末に所用で千歳→羽田のスカイマークに乗った際、なんとタイガースジェットに当たりました!しかも!翌々日に羽田→千歳に乗った時もタイガースジェット!なんという偶然!?ちょうどタイガースが札幌に来てファイターズと交流戦をしていた時期なので、羽田-千歳路線に就航させていたのかしら?

続きを読む

Bryton Rider310の設定項目はこんな感じ。

続いて、Rider310の設定項目について見てみます。見てみますというか、自分のための備忘録ですのでRider310を所有していない方には何の役にも立たないと思います。すみません。

前回の記事でも書きましたがRider310には日本語のマニュアルがありません。ですので英語のマニュアルを公式サイトからダウンロードしてきてこれを読みながら操作などするわけです。あ、英語以外にもフランス語やドイツ語、もちろん中国語もあるのでそちらの方が都合がいい方はそちらをどうぞ。

例によってマニュアルの書き方が小生の感覚とあわず、解りにくいです。なんというか、順番がめちゃくちゃというか、体系だって並んでいないので欲しい情報がなかなか見つからないのですよね。特に設定(settings)の内容については、単純に上から順番に設定項目が書かれたものが欲しいのですが、残念ながら無いしね。仕方ないので、自分で作りました。間違いがあったらゴメンナサイ!

続きを読む

プレスポのプチオーバーホールをしました(その2 ワイヤー交換)

続いてワイヤーの交換です。古くなったブレーキワイヤー、シフトワイヤーを取り外し、新品と交換しました。ワイヤー類はいわば自転車の神経系統ともいえ、交換には細心の注意が必要です。慎重な作業はもちろん、交換後は慎重に走行して安全に支障がないか検証しながら運用しました。

続きを読む

1 2 3 4 5 69