ボトルとバッグを買ったので、北広島まで行ってきた。

ボトルとバッグを付けて、白石サイクリングロードを往復しました。

こんな感じ!

IMG_1122

まずバッグですが…

IMG_1126

そんなにぐらつくこともなくそれなりに使えてます。ただいくつかレビューにあったとおり、こいでいるときときどき膝に当たるというか触れるので、若干気になります。疲れているときや、ダンシングのさいはかなりのストレスが予想されます。

自転車とスマホの為の便利なバッグ、ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグのもっと便利な使い方 | 不器用ブログ

こちらで筆者さんが実践されているとおりトップチューブに取り付けてみてもいいかも。
スマホを入れる部分ですが、まあ普通にタッチ操作できます。ただやはり屋外では見づらいというか、表面のビニールが太陽光を反射して見づらいです。日陰やトンネルではよく見えますが、そもそもgoogleマップは表示が細かいので走行中は文字とかほとんど読めません。危ないので凝視できないですし。yahooからナビアプリが出たのでそっちを使ってみるか…ただいずれにしても走行中は危ないので、一時停止してからポケットに入れたスマホを取り出して見るのが、一番有効で安全な気がしました。

ボトルについては、まずこの写真をご覧ください。

IMG_1127

分かるでしょうか、口元に黒い粒々が付着しているのが。屋外を走行しているので、これは浮遊している粉塵だと思われます。1時間近く走行していると、少なくともこれくらいは付着します。さてこれをどう考えるか…正直、初めてこれをまのあたりにした時は口をつけるのを躊躇しました。でもよくよく考えてみると、たぶん従来のボトルでも同じことは起きてるし、それが嫌な人はキャップ付きのボトルを使っているだろうし、キャップ無しのボトルも普通に売られているということはキャップ無しのボトルを使っているチャリダーもいるという事だし、キャップ無しのチャリダーはたぶんこういうのを気にしていない、ということだ。こんなことを一瞬で考えた小生は思い切って口を付けてみました。口に軽く当て、ボトルをスクイーズすると、中の液体が勢いよく飛び出してきました。その勢いに最初はびっくりしましたが慣れればどうってことはないです。そして飲んだあとボトルの口を見てみると、粉塵はまだ残っていました。つまり液体と一緒に口にはあまり入っていない?じゃあ問題ナッシング!ということで粉塵のことは気にしないことにします。ちなみに口に当てる部分のすぐ下のパーツを回すことで、スクイーズしても中身が出ないようロックすることができます。
レビューということでもうひとつ気になったこと。口ではなくボトルのふた部分(灰色の部分)とボトル本体(半透明部分)のすき間から、若干の液漏れがありました。もしかしたらふたの閉め方が甘かったのかもしれませんが、ちょっと気になりました。

そしてただレビューをするだけでは面白くないので、汽車の写真も撮ってきました。

こちらのサイトに千歳線のダイヤグラムが載っていますので、プリントアウトして持ち出しました。

ダイヤグラム 千歳線・函館本線 新千歳空港~小樽

撮影予定地点は、北広島駅(サイクリングロードの終点)、西の里信号場付近と、両者の中間にある、サイクリングロードが線路の上をまたいでいる跨線橋部分。

IMG_1117

IMG_1119

北広島駅にて。札幌から千歳方面に向かう貨物列車。機関車はディーゼルのDF200。

IMG_1135

IMG_1133

IMG_1132

IMG_1131

IMG_1129

跨線橋にて。普通列車とスーパーカムイが通過しました。

IMG_1138

西の里信号場。ちなみに上りのトワイライトエクスプレスが14:20頃にここを通過するのですが、間に合いませんでした…

というわけで、白石サイクリングロードのこのあたりは鉄にとってなかなかの撮影スポットでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です