スマホ買った!!IS11CA[au]

ついにスマホ買いました。カシオのG’zOneシリーズのスマホ、IS11CA。

G’zOne IS11CA | スマートフォン | au by KDDI

カシオ携帯電話オフィシャルWEBサイト | 製品情報 | IS11CA

IS11CA – Wikipedia

G’zOne IS11CA まとめ wiki

よって、開封の儀を行ないたいと思います。


gz01[1].jpg

箱と昔のケータイW52H。箱のサイズはA5サイズで、厚さは3cmほど。ケータイの箱も小さくなったものです。

gz02[1].jpg

蓋開けた。こんな感じで本体が入ってる。というか、基本的に本体しか入っていないといってもいいかも。

gz03[1].jpg

本体を取り出したところ。黄色い紙には防水性能や電池交換のための裏蓋の開け方など、超重要な注意点などが書かれています。説明書を読まない人でも最初に目に付くように、とのパッケージングデザインでしょうか。

gz04[1].jpg

さらに下に説明書など。付属品は8GBのmicroSDとイヤホンジャックのみ。

gz05[1].jpg

説明書類。

gz11[1].jpg

いよいよ本体を穴の開くほど観察していきたいと思います。まずは軽く全体像を。買ったのは黒。

gz12[1].jpg

裏側。こちらには裏蓋の外し方などの解説シールが貼ってありました。

gz13[1].jpg

カメラ部分。上にはGoogleロゴが。というかGoogleも大きくなったものです。10年ほど前は、大手の検索サイトといえばYahoo!やinfoseek、Gooなどで、Googleはまだまだマイナーだったように思う。というか、当時はアングラ御用達の検索サイトなんて言われてたな。Googleがアングラというわけでなく、Googleで検索すればアングラサイトも引っかかるってこと。Googleの特徴はクローラーっていってウェブサイトをまるまる自分とこのサーバーにコピーして、万が一サイトが閉鎖になったりしても「キャッシュ」という形で検索することができることと、他の検索サイトに比べトップページがシンプルで表示が速いってこと。ダイアルアップやISDNの時代には重要なことだったのです。
というわけで、昔はアングラサイトも引っかかる検索サイトってイメージだったのだけど、今ではスマホのOSにも入ってるんだもんなぁ。。。

gz14[1].jpg

W52Hと比較。

gz15[1].jpg

本体下部のスピーカー部分。前面にスピーカーがあるスマホは他にないらしいです。黒い部分はラバーのような、しっとりとした手触りで手に良くなじみます。モックの黒より質感は断然いいです。

gz16[1].jpg

裏を横から。Googleロゴが鮮やかです。

gz17[1].jpg

もっかい下をかなりのローアングルで。この時の小生の姿はちょっと見せられません。。。

gz18[1].jpg

イヤホン蓋部分。

gz19[1].jpg

裏蓋開けた。蓋についているオレンジのものは、防水のためのパッキンです。同じくイヤホンジャック蓋やUSB蓋にもパッキンが搭載されています。電池容量は1,460mAh。

gz20[1].jpg

裏蓋パッキンのアップ。

gz21[1].jpg

電池パックアップ。

gz22[1].jpg

電源投入後。

そんなわけで1週間使っていますが、まあ感想は・・・ネットについては今までのケータイとはまったく違い快適すぎて異次元といってもいいほど。逆に、電話やメールは、ケータイの方が使いやすい。Gmailや会社のメールもスマホで見れるのはかなり便利。あと、電池の持ちはやっぱり一日だなあ。

おサイフケータイの移行方法は、そのアプリのサイトを見ればすぐに出てきます。基本的な手順は、旧端末で「預かり」手続きをし、新端末でそれを「受け取る」。SIMの差し替えをしないといけないので若干面倒ですが簡単です。以下参照。
Business Media 誠:おサイフケータイ機種変更徹底ガイド(前編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)