Vana’navi導入

このサイトの右側にVana’naviというものがあります。これはなにかというと、flashなのです。どういうflashかというと、FFXIの仮想世界ヴァナ・ディールの今を知るためのものなのです。


現在のヴァナ・ディールの時刻を表示できる、これがこのflashの最大の特徴ですね。それに付随して、現在の曜日、月齢、交通機関の稼働状況(?)や種族装備スケジュール、さらにさらに複数のタイマーや相性占いまで備えた非常に便利なツールです。
サブノートなんかで常時開いておけるとかなり便利でしょうね。
実はこれの携帯版もあるのですが・・・当方の携帯はflashを再生できず、現在私の頭を駆けめぐる声は「携帯を替えるか!?」と問いつめる有り様です・・・これのスタンドアロン製品が出たら、間違いなくバカ売れでしょうね。昔はあったらしいですが現在は生産中止になっているみたいです。また、これと似たようなツールにVana’diel Window Plusがあります。こちらはヴァナ時間と地球時間、種族装備スケジュールと各種タイマーを備えています。

で、何が書きたかったかというとVana’naviをsbに組み込むためのTipsです。
公式ページに書いてある方法だと、正常に表示されません。なぜかというと、sbの仕様上カレントディレクトリがころころ変わるからで、まずやらなくてはいけないことは、Vana’naviのパスをhttpから始まる絶対パスで指定するということです。それと関連して、こちらに書いている方法で背景画像も絶対パスで指定します。
次に、どういうわけかIEではflashがロードできなかったため、試行錯誤の末、param name=”movie”のvalue値にもVana’naviの絶対パスを入力。どういうわけか背景画像が読み込まれないので背景画像も絶対パスで記述し解決。ちなみにIEでは、sbをカスタマイズしたあとはキャッシュ削除をすることで反映されるようです。

結局、このブログでは公式サイトに書かれている一般的な設置方法を次のように変更することで解決しました(パスは長くなるので***と省略しています)。

<param name="movie" value="vananavi2.swf">
   ↓
<param name="movie" value="http://www.***/vananavi2.swf?bg1=http://www.***/bk2.jpg">

<embed src="vananavi2.swf" quality="high" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" type="application/
x-shockwave-flash" width="182" height="265">
   ↓
<embed src=&quothttp://www.***/vananavi2.swf?bg1=http://www.***/bk2.jpg" quality="high" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" type="application/
x-shockwave-flash" width="182" height="265">

要するに、公式でvananavi2.swfと書いてある部分を、Vana’naviと背景画像の絶対パスに書き換えたわけですね。作業自体はどうということはないんですが、おそらく解決方法が一般化してないんでしょう、Googleで、Vana’navi sbをキーワードに検索してみると、背景がキチンと表示されていないなどの不具合を抱えたサイトがいくつかあることが分かります。簡単な方法で解決できるのでぜひ試してみてください・・・って、このブログがどれだけその情報を広められるかッ! 見せてもらおうか、ブログの性能とやらを。

というか、logディレクトリにもflashを置くという方法もあるみたいです。あまりスマートな方法ではない気もしますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)