ノートにUbuntu-jaを入れてみた

おっと失礼。UbuntuというのはLinuxディストリビューションの一つで、Ubuntu-jaってのは、それを日本語環境に特化したカスタマイズ版といったところ。デスクトップマシンにはVineLinuxを入れてるんだけど、ノートにはうまくインストールできない。というわけでUbuntuに手を出してみたわけです。
OSの見た目は結局のところディストリビューションよりウィンドウマネージャに依存する、それはそうなんだけど、Linux初心者としてはあらかじめ( ・∀・)イイ!!感じにカスタマイズされてる方が好感が持てるわけで。その点UbuntuはVineに勝ってるな。しかも公式にかなりの量のHowToが書かれていてウヒョ~。これは勉強になる。ちなみにVineには、非常に豪華な入門書が有志により執筆され公開されているので、Vineユーザーに限らずLinuxを勉強したいと思っている初心者にはぜひともオススメしたい。こちら


OS業界の現状はWindowsの一人勝ちだけど、個人ユーザーだけが顧客ならそれでもいいんだ。問題は、官公庁など公的機関まで、Microsoftという一営利団体の製品を盲目的に使い続けていること。そこに競争原理はない。鶴の一声で名の売れた企業の製品が採用される。
官公庁がLinuxを使うメリットとして、MSのカモ状態から抜け出せること(これにより経費削減)、オープンソースの発達、そしてなによりも、MS製品に比べ堅牢なコンピュータネットワークシステムを構築できること、などが挙げられる。そもそも、OfficeをOpenOffice.orgにするだけでかなり違うと思うがいかがなものか。

・・・まぁ、あと10年もたてばパソコン自体マニアのおもちゃになるんだろうなぁ。Win、Mac、Linuxに関わらずほぼ全てのユーザーが現在パソコンでやっている作業のほぼ全てが、家電としての専用端末でできるようになると思われ。ソフトのインストールやハードの自作、それは電子ブロックや大人の科学シリーズに取って代わるのではないかと。と、SF好きの私は考える。だって、たいていのSF作品が描く未来がそうなんだもの。あ~、機械がなんでも全てやってくれる社会、ちょっとあこがれるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)