「昼間点灯中」表示の謎

トラックなどの大型車両によく貼ってありますよね。ライトを今点灯しているのはデイライトしてるからですよ~という意思表示ロゴというのかな。白地に黒ゴシック体で書かれた昼間点灯中の文字。
で、ときどき上下左右が反転した鏡文字? みたいなのを貼っている車両がありますよね。今までは単なるデザイン的なものかと思っていましたが、ついにその謎が解けましたよ。


そう、あれは車を運転していたときのこと。ふとバックミラーに目をやると、後ろの大型車両のフロントガラス下あたりに「昼間点灯中」の文字が。あれ~やけに違和感無く読めるな~
そうです。バックミラーで見たときにちゃんと読めるように、鏡文字で書いているんですね。分かってしまえばどうということはありませんね。日々精進。

カーステにはKENWOODのものが入っているのですが、標準ではAUX端子がないのですよ。兄さんを車内で聞きたいのですが、基本的に方法は3つ。

1.AUX端子付き、または”iPod対応”と書かれた機種を買う。
2.カセットアダプタを使う。
3.FMトランスミッタを使う。

やはり有線接続したいということで3は即時却下。で、うちのにはカセットはない。よって2も却下。カセット付きの機種を買うくらいならAUX付きを買うべきだが、中古品でも2万以上はかかる。また、デッキ前面に端子があるものは、便利そうでケーブルの取り回しとか他の機器やドリンクホルダーなんかとの干渉があり意外と使いにくいこともあるという話(イエローハット店員談)。う~む。
そうこうしているうちに、裏技的接続法があることが分かってきた。カーステの多くはCDやMDチェンジャーが接続できるようになっているのだが、カーステ側のインターフェイスは、基本的には音声入力とチェンジャー制御信号I/Oである。よって、チェンジャー信号はなくても音声入力さえできればカーステで外部音源が鳴ってくれるというわけ。で、そういうケーブルも純正品が実際に売られているし、カーステメーカーのサイトにも載ってる(KENWOODの)。
メーカー希望小売価格より安いことに加え、メール便で安く送ってくれるということでオオバデンキにて購入。到着後、1時間ほどの作業時間ののち取り付け完了。動作も完璧!

ちょっとした疑問なんだけど、カーステと外部音源のこういう方法での接続って、どうしてあんまりポピュラーになってないんだろう。検索してもほとんどのサイトは上記の3つの方法しか載ってないし、その手のケーブルはカー用品店にも置いてない。なんでだろうね。かくいう筆者も、検索の末に見つけたサイトは2chの過去ログだったし、そのスレッドには自分でケーブルを作るという猛者までいる始末。普通の人(笑)はやはり、FMトランスミッタで済ませちゃうのかな。FMトランスミッタはiPodのアクセサリーにもあるしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)