FFXI初心者に見るヴァーチャルコミュニケーションのあらまし

前回の記事ではオンラインコミュニケーションと書いたけど、「オンライン」と「コミュニケーション」という単語は対立しているというか、妙な語句なのでタイトルの語句に急遽変更。そもそも、「オンライン」じゃないコミュニケーションとはこれいかに。

閑話休題。

まず今回の記事における「ヴァーチャルコミュニケーション」の定義。ずばり、Face to Faceじゃないコミュニケーションのこと。すなわち、面と向かった対話や電話などで実現されている「リニア」なコミュニケーションを欠く状態、それに付随して、ひとたび発信してしまえばどこまでもその情報が広がっていく可能性のある状態、顔(すなわちその人の人となり)がデフォルトで見えないがゆえに、仮面舞踏会よろしくどんな役でも演じることが可能であり、またリアルな社会的を超えて付き合うことが比較的容易な状態をいう。例としては、(匿名)掲示板、チャット、それらの複合体としてオンラインゲーム。

コミュニティあるところに慣習あり、と言ったのは私である。今言った、もとい、今思いついたので今そう書いた。そして新参者は、そのコミュニティで採られている様式を習得し、実践することを迫られる。その様式が従来の自分の様式とは大きく異なっていた場合、新参者の苦労は計り知れない。そして新参者はサイレント・ピリオドに落ち込む。新しい様式を採り入れつつも、饒舌に口から出てこぬことに苦悩し、コミュニケーションを自ら取ろうとしなくなる。だが沈黙の中で、新しい様式は着実に骨肉となっていく。そして、サイレント・ピリオドからの脱却。

以上は一般的な事例だけど、ヴァーチャルコミュニケーションの場合は多少勝手が違う。善悪はともかく、仮面をつけるように任意の人格を演じることが容易であるがゆえに、サイレント・ピリオドは短くなり、場合によっては起こらない場合も。また、コミュニティの中であえて我を守り抜くという生き方も容易に採用することができるため、多種多様な人格が共存するコミュニティができやすい。ゆえに、結束の弱いコミュニティも生まれやすくなり、構成員は流動的であってもそれが自然であることもある。

たいそうなタイトルを掲げて書き始めたけど、そろそろネタ切れですわい。
FFXI関係の衝撃記事をひとつご紹介。メーカー vs. 業者。RMTがはらむ問題と可能性をめぐる座談会。かなり長いし、理解しがたい(考えを受け入れられない、という意味ではなく、文字通り難解で理解できない、という意味)部分もあるけど、興味のある人は読んでみて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)