広島風つけ麺が好き!死ぬほど食べたい!

それは1年ほど前、2011年8月のこと。所用で1週間ほど広島に滞在していた小生は、そこで広島風つけ麺を知った。広島の夏は暑い。広島風つけ麺は、麺をラー油や唐辛子がたっぷり入った辛いつけだれでいただく。麺の上には茹でたキャベツがこれでもかというほど乗っている。カウンターにはゴマすり器?が置いてあり、ゴマを好きなだけすってたれに入れる。すると、ゴマのよい香りがするのと同時に、ゴマにつけだれの辛味が移ってさらに辛くなる。麺もたれも冷たいのだが、口の中は爆発しそうに暑い。

しかしこれが、暑い季節にはたまらなく気持ちいい。どんどん出てくる汗が、体から熱を奪っていく。インドで熱々のチャイを飲むようなもので、自然と体が冷えていく。この快感を覚えた小生は、滞在中に数回通い、あまつさえ広島空港でも空港内にあった辛部というつけ麺店に入る始末。なんだか、味覚まで変わった気がして、それまであまり辛くして食べなかった札幌のスープカレーも、辛味を増やして食べるようになった。

ただ・・・札幌では食べられないんですよ。札幌のつけ麺は味噌や魚介ベースのたればかりで、広島風のはどこにもない。

なつかしい・・・あの味を・・・もう一度・・・

こうなったら、家で作るしかない!!!


広島風つけ麺 by MAROCO [クックパッド]
ピリ辛~!広島風つけ麺。 by はるママ* [クックパッド]

レシピはいつものクックパッドで検索。

つけめん

なんとなくこんな感じに。味はそれっぽかった!

広島で食べたのは、確かもう少しこってりしてたような・・・でもどろどろって感じではなく、ラー油をもう少し多めに入れる感じかな・・・とまあ、試行錯誤しながら、記憶している味を追い求めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)