雪祭りに必要な雪はすでに確保されたらしい

今日は北広島の雪景色を眺めながらこんなことを考えた。

カーナビはGPSから情報を得て現在地を画面に表示する。たぶんカーナビがどういう経緯かは知らないがGPSに情報を求め、GPSがそれに応じるのだろう。ということは、逆を取れば携帯電話と同じくカーナビの位置情報を収集することができるということだ。全ての車にナビゲーションシステムが搭載され、しかもETCよろしく中の人(つまり車というかシステムの所有者)と結び付けられたとしたら、誰それの車が今どこに居るという情報がしかるべき機関によって収集されるようになるんだろうなあ。むろん、悪い事ばかりではないというか、自動車が文字通りコンピュータ制御によって自動走行するようになる技術に不可欠なのかも。

そして帰宅し、当方が分かってるようでよく分かっていないGPSについて調べてみた。

グローバル・ポジショニング・システム (GPS:Global Positioning System)

うむむ。GPSがサーバーのように情報提供しているわけじゃないんだなあ。勉強になった。ついでにこんなのも調べてみた。

QWERTY配列

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)