iPod Touchでpdfデータの楽譜を閲覧する!

楽譜というか、小生がiPod Touchに入れていつも持ち歩きたいのは、スコア(総譜)なのです。今練習している曲のスコアとか、小生的に気になる曲のスコアを常に持ち歩いて、随時閲覧し勉強するわけです。印刷された紙のスコアの方が断然見やすいのは確かですが、iPod Touchで拡大表示も出来るし、そもそもそんなにシビアな用途でもないですから。

iPod Touchはスマホではないですから、基本的に常時ネットに繋がっているわけではありません。ですので、pdfデータはiPod Touch本体に保存してあり、かつ閲覧ソフトで参照できなければなりません。そして小生は一つ前の記事でも書きましたがiTunesは使いませんので、pdfデータはiTunesを使わないでiPod Touchに転送しなければなりません。そして、出来るだけ無料のソフトのみで完結させたいです。

Androidなら簡単にできるこの作業・・・iOS初心者の小生が取った方法はこちら。


データの転送はDROPBOX、pdfデータの閲覧はiBooksを使いますので、あらかじめインストールしておきます。いずれも無料のアプリです。DROPBOXは登録作業が必要になりますが、iPod TouchはもとよりPCでもファイルの同期ができるのでとても便利です。

score1.jpg

まずはpdfデータを、DROPBOXにアップします。
ちなみにiPod Touchでスクリーンショットを撮るには、ホームボタンとスリープボタンを同時に押せばOK!

score2.jpg

iPod Touchに転送したいファイルを開き、右下にある下向きの矢印アイコンをタップします。すると・・・

score3.jpg

こんなダイアログが出てきます。「このアプリで開く…」をタップします。なお、「次の中で開く…」と表示される場合もありますが、どうやら対処のアプリが複数ある場合は「次の中で~」と表示されるようです。

score4.jpg

「iBookで開く」をタップします。すると・・・

score5.jpg

iBookの本棚に並びました!表紙(1ページ目)がアイコンになっていますので、余裕があればちゃんとした表紙を付ければもっと本棚っぽくなるでしょうね。ともかく、任意のアイコンをタップしてみましょう・・・

score6.jpg

スコアが表示されました!もちろんオフラインでも使用できます。

今回は楽譜を閲覧できるようにしましたが、とりあえずpdfファイルならなんでもOKですので、例えば航空券のeチケットをpdfにしてiPod Touchに入れておくとか、そういったことも可能ですね。工夫次第で便利に使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)