雨続きで自転車に乗れないので。。。

一つ前の記事で自転車を買ったことを書きましたが、あの日以来ずっと雨。雨ざらしにしたくないので買ったその日は車の中に積んだままにしたものの、そのままでは車も使いにくいし、なにより自転車を横倒し状態にしとくのってどうなの?って思ったので、とりあえず室内に移してみた。


IMG_8583[1].jpg

こんな感じ。車体と一緒に買ったサドルワイヤー錠を付けただけのノーマル状態です。

ともかく、しげしげと眺めてみる。

IMG_8585[1].jpg

シートチューブ(サドルとクランクを繋ぐフレーム)にこれでもかというほど燦然と輝く「あさひ」のエンブレム!

IMG_8586[1].jpg

ハンドル部分。

IMG_8587[1].jpg

フレームサイズは500。この数字は、シートチューブの長さを表しているらしいです。ちなみに適応サイズは身長175cm~185cmとのこと。

IMG_8588[1].jpg

前輪。憧れのクイックリリース!レバーを倒すだけで前輪が外れてしまうという夢のようなギミックです!

IMG_8589[1].jpg

防犯登録とTSマークつき。どこかで読みましたが、あさひオリジナルのこのバイク(自転車と呼ぶよりかっこいいネ!)は、GIANTやルイガノより盗まれにくいそうです!ヤッタネ!

IMG_8591[1].jpg

チューブはもちろんフランス式バルブ。前輪には英式バルブへの変換アダプタがオマケで付いてます。これがあれば一般的な空気入れで空気を入れることができるわけです。

IMG_8592[1].jpg

タイヤサイズは700C。幅は28mm。自転車のタイヤサイズって普通はインチで表されるのですが、チューブがフランス式と関係あるのでしょうか、700というのはタイヤの直径をmmで表しているのです。そういえば、フランスはメートル法の国ですからね。

IMG_8593[1].jpg

IMG_8594[1].jpg

適正空気圧の表示。ママチャリの3倍くらいの圧力で入れなければなりません。実際、タイヤを指で押しても硬くて沈まないほど空気が入っています。専用の空気入れが必要です。買いました。(後述)

IMG_8595[1].jpg

フロントディレーラー(変速機)。ちなみに変速は前3段×後8段=24段変速です。すごい!

バイクに乗れず欲求不満で写真の数もいつもより多く撮っていますが、ともかく買い揃えたパーツを取り付けてみます。

IMG_8596[1].jpg

ボトルゲージ。トピーク製。ここに水筒やペットボトルを入れて、走りながら給水するわけです。あらら、プロのレーサーみたい!

IMG_8599[1].jpg

泥除け。アキコーポレーション製。通勤にも使うので・・・でも、取り外しができる目立たないものを選んでみた。

IMG_8603[1].jpg

こんな感じで、取り付けステーをフレームに取り付けるのですが・・・

IMG_8602[1].jpg

前はここ。フロントフォークの付け根部分。

IMG_8606[1].jpg

後ろはシートステーの付け根部分。

IMG_8610[1].jpg

ボトルケージと泥除けを取り付けました。ちなみに、泥除けには取り付けようのボルトが付属していましたが、プレスポのフレームには長さが足りず、ホームセンターで少し長めのボルトを買って取り付けました。なお見てのとおり後輪と泥除けとのクリアランスが悪いので微調整が必要です。

IMG_8608[1].jpg

ワイヤー錠も買いました。いわゆるダブルループ錠というもので、前輪・フレーム・後輪をまとめて地球ロックできる長さと仕組みを持っています。取り付けイメージはこちらを見ていただければ一目瞭然。ちなみに地球ロックとはロックンロールの一ジャンルではなく、地球とバイクとを鍵で結びつけてしまおうという施錠方法。単にタイヤをロックしただけでは軽量バイクゆえ持ち上げて持っていってしまえるので、地球に固定することで持ってくなら地球ごと、となるわけ。つまり、地面に固定された構造物、例えばガードレールや手すり、電柱などに鍵をしてしまおうってこと。注意点としては、駐輪禁止のところで地球ロックするのは迷惑行為となることと、“本気”の自転車泥棒には敵わないってこと。
参考↓
ニューヨークで堂々と自転車泥棒をしたらどうなるのか一部始終ムービー – GIGAZINE
絶対に自転車を盗まれない鍵のかけ方 – GIGAZINE

IMG_8609[1].jpg

ひとまず、こんな感じで丸めてハンドルに引っ掛けてみた。

さて、空気入れも買いました。携帯用と、自宅用。

IMG_8611[1].jpg

GIYOの携帯ポンプ。

IMG_8612[1].jpg

固定用のベルクロ。ところで、自転車のパーツってどうしてこんなに硬いタイラップで固定されているんでしょう・・・ハサミで切ろうとするとハサミを壊しかねないほど硬いし、カッターでも切りにくい。ニッパーで切断するのが無難です。

IMG_8613[1].jpg

デフォルト状態では米式バルブ対応になっているので、仏式に換装します。パーツをばらしてひっくり返すだけなので簡単。

IMG_8614[1].jpg

こんな感じでシートチューブに取り付けました。ホルダーはボトルケージ取り付け穴に取り付けるのが理想ですが、プレスポのシートチューブにはそれがないので、付属のタイラップでホルダーを固定しています。

IMG_8615[1].jpg

そしてこちらがパナレーサーのフロアポンプ。うわさどおり巨大な箱に入って到着したのですが・・・

IMG_8616[1].jpg

中身はこんな感じでした。仕方ないですが無駄なスペースが多い・・・

別途予備のチューブも買ってあるし、タイヤレバーは以前から持っていたのでもうツーリングの準備万端なのですが・・・この時点ではまだ晴天に恵まれず、バイクはいまだに部屋の中。とほほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)