世界的に話題沸騰のPokémon GOを小生もやってみました

7/22に日本でもサービス開始となったPokémon GO。NHKの昼のニュースでも取り上げられるなど社会現象にもなりそうな予感がします。その日の夜の帰宅途中、いたる所でスマホを手にした人を見ました。普段、犬の散歩をしたりする人は見るものの、スマホを見ながら立ち止まっている人が多くいる場所があったりしてちょっと異様な雰囲気。この人たちもPokémon GOをやっているのでしょう。

いつも流行に遅れる小生ですが、この世界的なウェーブに乗っかってみようと思い、小生もPokémon GOをやってみました。ゲームボーイで初代ポケモンをやったことがあるので、世界観やキャラクターにはそれなりに親しみを持っていましたので、Pokémon GOにも興味はありましたのでね。

Screenshot_2016-07-23-14-59-25

初めてのポケモンでピカチュウをゲットする方法をすでに知っていましたので、その方法をとっていると本当にピカチュウ発見!

Screenshot_2016-07-23-14-59-35

捕まえました!

さてこのPokémon GO、現実世界を舞台にポケモンを探したりします。いろいろな問題が噴出しているようです。

「ポケモンGO(Pokémon GO)」で交通事故や救急隊出動など、日本でも起こるかもしれないPokémon GOが原因の奇怪な事件まとめ – GIGAZINE
「ポケモンGO、注意を」 対応に追われる観光地  :日本経済新聞

が、小生がひとつ思うのは、地域活性化やエデュテインメントとして活用できるといいなってこと。

エデュテインメント

Pokémon GOには、アイテムをゲットできたりする場所であるポケストップに、現実に存在する施設が設定されています。

例えばここ。

Screenshot_2016-07-24-12-49-34

豊平神社の鳥居。実際にここまで来ることで、アイテムを得たりすることができるので、言葉をかえるとポケストップはPokémon GOプレーヤーが立ち寄る場所になるわけで、実際に小生が豊平公園に行った時だけで、スマホを手にした人が何人もやってきました。

ポケストップが公共の場所ならまだしも、私有地だと不法侵入ということになります。不法侵入はいけません。逆に、街の特色ある場所としてぜひ来てほしい場所にするとか、忘れられた歴史的価値のある場所を広く認知させるとか、そういう方面での活用ができるといいですね。夏休みの宿題を兼ねて、街の特長ある場所を調べて回るとか、Pokémon GOに理解あるポケストップなら、施設を開放して何か社会貢献するとか・・・そのためには、プレーヤーにも上質なモラルが必要なのはいうまでもありません。

なお、Android端末の場合、4.4(KitKat)以上の端末のみでPokémon GOは動作するとのことです。ウチにある端末のうち、Zenfone2では動作してますが、XPERIA UL、GARAXY s3aは4.2(Jelly Bean)止まりなので動作しません。これらの端末はスペック的には充分あるものの、たぶんメーカーの販売戦略により今後のバージョンアップは絶望的なので、どうか動作環境を下げてもらえませんかね?たくさんの端末、たくさんのユーザーがPokémon GOをできたほうがいいでしょ?どうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)