Wiggleで買ったロードバイクに付属してきた工具は果たして使えるのか!?

イギリスがEU離脱の方向に舵を切りましたね。世界の情勢、経済は今後どうなるのでしょうか。株価の下落とともに、ポンド安が進んでいます。小生がロードバイクを買ったWiggleはイギリスの通販会社ですので、ポンド決済がおすすめだそうです。

イギリスがEUを離脱!改めてポンド建て決済の方法を解説する | 自転車パーツの海外通販情報局

そうそう、小生が買ったロードバイクには簡易的な工具が付属していました。今日はこれについてレビューしてみようと思います。

order

以前も紹介しましたが、これが購入完了時の画像です。工具が自動でカートに入っています。

IMG_2660

これが付属品。

IMG_4991

工具はこちら。上がペダルの着脱に使うペダルレンチ。下がマルチツールです。

ちなみに、数年前ビーチクルーザーを通販で購入した時にはこんな工具が付属していました

ペダルレンチから見ていきましょう。全長は約29cm、約3mmの鉄板を打ち抜いて作られており、持ち手には薄い滑り止めが被さっています。重さは169gでした。ペダルレンチといえばホーザンのものが定番です。小生も欲しいと思っているのですが、まずはこのペダルレンチが使えるかどうか、若草号で試してみることにします。

若草号のペダルは、購入して以来一度も外したことがありません。さぞかしガッチリ固着してるだろうな・・・と、慎重に作業を始めました。ペダルの根元が15mmの六角ボルトになってるので、そこにペダルレンチをかけ、じわ~っと力を掛けると・・・ぬるっとした感覚とともにボルトが回りました。反対側も外せました。いい機会なので、固着防止のためにスレッド(ネジ山)にグリスを塗りこみ、再度取り付けました。

結論。このペダルレンチ、使えます!

マルチツールは、プラスの2番、マイナス、ヘキサゴンレンチが1.5mm、2mm、3mm、4mm、5mm、6mmと、6mmの先端に取り付ける8mmのアタッチメント、トルクスのT25サイズが付いています。重量は133gでした。Lifelineのロゴが付いています。Wiggleで同じものは現在販売されていませんが、もしかしたら過去に販売されていたものかもしれませんね。本体にCR-Vと刻印されていますので、素材はクロムバナジウム鋼でしょうか。精度はどんなものかはまだ試していませんが、オマケとはいえ一応自転車工具メーカーの製品なので、多少は使える・・・はず。というか、携帯工具ですから出先で使う可能性がありますので、折をみてしっかりと検証したいと思います。

結論。このマルチツールの実力、まだ分かりません。すみません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)