プレスポのプチオーバーホールをしました(その3 ディレーラーハンガーの修正)

少し間が空いてしまいましたプレスポのプチオーバーホール特集。今回行うのはディレーラーハンガーの修正です。プチとはいいながら、このための専用工具を購入するなどかなり気合の入った作業となりました。

そもそもディレーラーハンガーの修正とは何なのでしょう。修正というからには、なにか問題があるわけですが、以下の写真をご覧ください。

IMG_1013

小生の若草号を後ろから見たところです。リアホイール、スプロケット(歯車、以下スプロケと略します)などが見えると思います。スプロケの下にあるのが2つのプーリー(小歯車)です。上がガイドプーリーで、これが左右に動くことで変速ができます。その下がテンションプーリーで、前後のギアがどこに入っていてもチェーンがたるんだり張り過ぎたりしないよう、常に適切なテンションを保つためのパーツです。二つのプーリーは上下に平行に付いていて、これを左右に動かすのがリアディレーラー(変速機)です。そして、ディレーラーをフレームに固定するためのパーツが、ディレーラーハンガーなのです。リアホイールの左側はフレームに直接固定されているように見えますが、右側には銀色のパーツが付いていますね。これがディレーラーハンガーです。

さて写真をよく見てみましょう。スプロケの各歯車は全て平行になっていますね。そして二つのプーリーも平行。ただし、スプロケとプーリーが平行になっておらず、プーリーがほんの僅かにホイール側に傾いているように見えませんか?プーリー二つはディレーラーから伸びている金属パーツによって平行に固定されています。スプロケとプーリーは、平行になっていなければいけないのですが、ここが平行になっていないのは、ディレーラーハンガーが曲がってしまったせいでディレーラーが正常な角度で取り付けできず、その結果プーリーが平行にならなくなってしまった、というわけです。

IMG_1014

ディレーラーハンガーが曲がってしまった事による弊害のひとつが、リアをロー側(一番大きな内側のギア)に入れた時にプーリーがスポークに当たってしまうということです。走っている時にも、プーリーとスポークが触れ合う「カン、カン」という音が響いてとても不快です。不快なだけならまだしも、プーリーがあまりに内側に来てしまうと、スポークの間に入りこんでしまってタイヤがロックしてしまい、スポークや車体の破損や落車の危険もあります。

ディレーラハンガーが曲がってしまう原因は主に落車(要するに転んでしまうこと)してディレーラー周りを地面にぶつけてしまうことなのですが、小生は落車の経験はありません。ただ、風で倒れたり、駐輪場で倒れてたりしたことが何度もありました。その際に曲がってしまった可能性がありますね。

ディレーラーハンガーはアルミで出来ているので曲がりやすいのですが、どうしてこんなに曲がりやすい素材で作っているかというと、スポーツ自転車は落車がつきもの、そして、フレームを守ることが第一、という設計思想からです。落車してディレーラーを地面にぶつけた際、ディレーラーがフレームに直付だと、フレーム変形・破損の危険があります。車体よりも曲がりやすい素材でディレーラーハンガーを作り、それを介してディレーラーをフレームに取り付けることで、落車の際にフレームに先行してディレーラーハンガーが変形することで、フレームの変形を防ぐというわけです。フレームが変形してしまうと一巻の終わりですが、ディレーラーハンガーやディレーラーの変形や破損は修正や交換で済む、というわけです。
勘の良い方はお気づきかもしれませんが、ママチャリにはディレーラーハンガーはありません。ママチャリのリアディレーラーはフレームに直付になっています。場合によってはディレーラーガードのようなものが付いていたりしますが、これもフレームに直付です。つまり、スポーツ車はフレームの保護を再優先にしているのに対し、剛性が高く重量のあるフレームを持つママチャリは、ディレーラーの保護を再優先にしているというわけですね。

さて小生のプレスポのディレーラーハンガーがいつから曲がってしまった状態になったのか、実はよく分かりません。リアをローに入れた時にカンカンなるようになったのは随分前だと思うのですが、それがディレーラーハンガーの曲がりのせいだとは思ったことがなかったので。とりあえず、ローに入れさえしなければ音は出ないのでそのような運用をしていました。飯倉氏のDVDやyoutubeを何度も見るうちに、もしかしたらそうかも?と思ったのは、たぶん今シーズンに入ってからという体たらくなのです。

IMG_1015

ごたくが長くなってすみません。実際の作業をすすめます。

まずはリアディレーラーを外します。本当はチェーンを外した方がいいはずですが、横着してチェーンを付けたまま作業をしてしまいました。中央の銀色のパーツがディレーラーハンガーです。

IMG_1016

ハンガーを後ろからみるとこう。なんとなく、曲がっているような・・・?目の錯覚かしら?

IMG_1011

こいつが今回のために購入した専用工具。LifeLineのディレイラーハンガー調整ツールです。今回も海外通販で購入しました。4月に買ったのですが現在品切れ中になってしまってます。ちなみにたぶん同じものが「ディレイラー直付けゲージ」という商品名でamazonでも購入できます。たぶん一番いいのは、自転車専用工具の雄、PARKTOOLのディレイラー直付けゲージですかねぇ。値段もお高いですが飯倉氏も使ってますからきっととっても良い物なのでしょう。

この工具を購入する前に、お店で直してもらうことも考えました。工賃がいくら掛かるのか分かりませんが、工具をひとつ購入するよりは安いはずです。それでもこの工具の購入に踏み切ったのはこんな理由からです。ディレイラーハンガーの修正は、スポーツ自転車を趣味にしていく以上今後も行う作業であろうということ、ブログネタも欲しかったし、なによりも海外通販で安く買えそうだったこと!PARKTOOLのプロ用は9,000円以上しますが、Lifelineなら3,500円くらいで買えましたから。

IMG_1017

作業を進めます。工具をディレーラーハンガーに取り付けます。工具の長い部分はディレーラーハンガーに対して直角になっています。作業の原理としては簡単です。ディレーラーハンガーが曲がっていない(=平行になっている)ということは、この工具とリアホイールの側面との距離が、あらゆる角度で一定になっているということです。

まずは上下(90°と270°)で平行を見てみます。まず下を・・・と思ったのですが、工具が長く地面にあたってしまいます。仕方ないので一時的に車体を持ち上げて行いました。

IMG_1019

下(270°)の位置で合わせたものを上(90°)に持ってきてみました。下では、棒の先端がリムにちょうどあたっていたのですが、上に持ってくると約3cmの開きがあることが分かりました。上の方が開いているということは、下の方は狭まっているはずです。このことから、ディレーラーハンガーが下側で内側に曲がっているということがわかりました。プーリーが内側に入ってしまっているという症状とも一致します。

ディレーラーハンガーの修正は力ずくです。この原理も簡単で、離れてしまっているものを近づける方向に力を加えてやるだけです。この工具は計測工具なのですが、そのまま修正工具としても使えます。上が開いているので、リムに近づける方向に力を加えてやります。少し曲がったな、と思ったらすぐに再計測。ピッタリくっつくところまで曲げてしまってはいけません。なぜかといいますとこれまた理由は簡単。上が近づくということは下が離れるということだからです。上がくっつくまで曲げるのではなく、ある程度近づいたところで計測することを繰り返せば、自然と収斂していくはずです。上下の修正が終わったら左右(0°と180°)でも同様の計測と修正を行います。

ディレーラーハンガーも金属製品なので、曲げを繰り返すと金属疲労で破損してしまう危険があります。全神経を研ぎ澄ませて最小限の修正で済ませることと、ある程度修正できたところでやめておく、という割り切りが肝要です。飯倉氏も、カンの鈍い人は壊すからやらないほうがいいといっていますし。

IMG_1020

修正が終わったディレーラーハンガー。上の写真と比べて、まっすぐになった気がする・・・?目の錯覚かしら?

IMG_1021

ディレーラーを取り付けました。結果は一目瞭然ですね。スプロケとプーリーが平行になっています。

IMG_1022

ローに入れてもプーリーがスポークに当たりません。修正完了です!

さてディレーラーハンガーの修正は終わりましたが、リアディレーラーの調整が必要です。ひとつ上の写真を見て分かるとおり、スプロケとプーリーは平行になりましたが一直線上に並んでいません。よくみると、わずかに外側にずれていることが分かります。こうなった原因は明白で、ディレーラーハンガーが内側に曲がっていた時はガイドプーリーが若干内側にずれていたはずです。この状態で、変速がきちんとできるようにするには、変速ポイントを全体に外側にずらさなければなりません。全体を外側にずらすことで、ディレーラーハンガーの曲がりによるずれを吸収していたわけです。というか小生が、ディレーラーハンガーの曲がりに気づかない状態で、きちんと変速するように自然とそのように調整をしていたということです。
今回、ディレーラーハンガーが正常な状態に戻ったことで、全体を外側にずらしていたということが露呈したわけですね。さっそく修正した結果、リアがローからハイまで全て使えるようになりました。

なんだか説明が下手ですみません。わかりにくい箇所が多々あるかと思いますので以下サイトもご参照ください。
走る趣味はございません ディレーラーハンガー修正器を購入

今回購入したこの工具は、ディレイラーハンガー取り付け部に若干のガタが有り、レビューにもそのような記載があります。取り付け部のイモネジが緩んでいるからという情報がありますが小生のものはきちんと締まっていました。ガタの原因は今後探りたいと思いますが、ガタが有ることを考慮し、それを頭に入れながら作業をすれば問題ありません。ガタがあったっていいじゃないか、お安いんだもの。

というわけで、小生のプレスポがさらに快適に生まれ変わりました。いや、感無量ですわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)