自転車保険に入ることを検討しました、という話(ロードバイク乗りへの道 その九)

レジャーに通勤に、自転車を活用している小生。万が一事故でも起こして他人を怪我でもさせては・・・と思い、自転車保険について調べてみました。調べたというか、ネットの情報を色々集めました。先人の皆さんいつもありがとう。

賠償金1億円⁉︎ 『自転車保険』選びで押さえておきたい4つのポイント – BicyclefiL / けんたさん自転車ブログ

ふむふむなるほど、自転車で対人事故を起こしてしまった場合の賠償額は5,000万円以上になることがある・・・と。これは保険に入っておいたほうがいいのは間違いないな。

更に調べてみると・・・

自転車保険って本当に必要?僕がいらないと思う理由|チャリリーマンのサイクリング情報

なんて記事も見つけた。自転車保険が要らない・・・と!?

こんな記事も。どういうこと!?

自転車保険を比較してたら自転車保険は不要だったこということがわかった – shao's diary

・・・

よく読んでみると、「保険なんて不要だぜ!」と言っているわけではありませんでしたね。

どういうことかというと、「そういう保険、すでに入ってないかい?」「今加入している保険に特約として付帯させた方がお得じゃない?」つまり、新規に保険に入ることを検討する前に、現状の保険を見なおしてみましょう、ってことなのでした。

さて、小生の場合はどうなのでしょう・・・

hoken0

小生は自動車の任意保険として損保ジャパン日本興亜の保険に加入しています。ここの保険だと、個人賠償責任特約がいわゆる自転車保険的なものをカバーしているといえます。

個人賠償責任特約

日本国内、国外を問わず、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが日常生活における偶然な事故(自動車事故を除きます。)により、他人にケガなどをさせたり、他人の財物を壊したりした場合に、法律上の損害賠償責任の額について、保険金をお支払いする特約です。また、損保ジャパン日本興亜の同意を得て支出された示談や訴訟・裁判上の和解・調停・仲裁に要した費用などもお支払いします。日本国内で発生した事故に限り示談交渉サービスが付きます。

まかせて安心 示談交渉サービス (日本国内のみ)

保険金額

日本国内で発生した事故 無制限
日本国外で発生した事故 1事故につき1億円

無制限の保障、いいねぇ!でも、自動車保険の保険料(月々の掛け金)を抑えるために今まではこの特約を付けていなかったのでありました。

さっそく、小生の保険契約の担当者に電話しました。

小生「個人賠償責任特約を付けたいんですけど・・・」

担当者「オーケー!月額に大体200円のプラスかな!」

小「そうですか!じゃあお願いします!手続きはどうしたら・・・」

担「この電話でオーケー!今日は遅いから、明日手続きしとくよ!明日から特約が付くからそのつもりで!チャオ!!」

小「えっと・・・じゃ、じゃあ、あとはお願いします」

hoken1

1週間後、手続完了のお知らせが来ました。実際には、月額220円のアップでした。ということは、年額にすると2,640円。他社の特約よりちょっと高そうだけど、補償額が無制限だからと考えておきましょう。

というわけで、安心の保険を手に入れました。もちろん、使う機会がないのがいいに決まってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)