CANON EF50mm F1.8 STMのレンズ補正データが出ていたので、このレンズを付けてそぞろ歩いてきました

久々にカメラの話題です。CANON EOS6Dとほぼ同時に購入したCANON EF50mm F1.8 STMですが、絞り開放だと周辺の光量が低下するという特性がありました。6Dはこのレンズより前に発売されたのでこのレンズの補正データが入っていません。今更ですがこのレンズの補正データが公開されていたことを知りましたので、早速6Dにデータを入れてみました。

キヤノンのデジカメ用ソフトウェアであるEOS Utilitiesというソフト群のなかに、EOS Lens Registration Toolというソフトがあります。レンズデータはそのソフトを使って行います。

キヤノンDPP4 の新バージョン(50mm F1.8 STM対応!) – つれづれ写真ノート

IMG_0101

こうなりました。

実際どうなのかということを試してみました。

IMG_3189

まずこちら。札幌市中央区中島公園にある豊平館です。絞りは開放のf=1.8、ISO100、そこそこの好天で被写体が白いためシャッタースピードは1/4000秒でも露出オーバー気味です。この設定でレンズ光学補正をオフにしています。四隅がやや暗くなっているのがわかるでしょう。

IMG_3188

続いてこちら。光学補正をオンにしたほかは上記の設定と同じです。四隅の暗い部分がなくなり、空の色が全体に一定になりましたね。そのせいか、かなり露出オーバーになってしまいましたが・・・

IMG_3191

最後にこれ。光学補正をオンにした状態で、絞りをf=2.5に若干絞ってみました。なんとか露出オーバーにならない範囲で最大限に明るく撮れたようです。これがベストな設定かな。

四隅が暗くなること(周辺光量の低下)をどう考えましょうかねぇ。レンズの特性?設計の甘さ?暗くならないに越したことはないのはもちろんだけど、暗くなることでオールドレンズっぽい味がでるともいえる。絞れば光量低下は目立たない。絞ることで光量低下を回避するのは、ある意味レンズの特性を理解することで可能になるテクニックといえるよね。これを一概に消してしまうことが良いことなのかどうか。まあ、光量低下を回避したい時に回避できるってことだから、まあ難しく考えることもないか。

さて、フルサイズ一眼レフカメラで最軽量のEOS6Dですが、さすがに望遠レンズを付けると1.5kgとかになってノートパソコン並みの重量になるので気軽に持ち歩くのは大変です。しかしEF50mm F1.8 STMなら6Dに付けても1kgを切る重量ですので、まあなんとか持ち歩けます。ということで、これを持ち歩いてみることにしてみました。

IMG_3186

空。

IMG_3194

雪に埋もれたベンチ。

IMG_3183

郵便ポスト。

あー、よく撮れるな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)