ついにロードバイクを開梱してみたよ!(ロードバイク乗りへの道 其の四)

到着から数日たちましたが、ようやくロードバイクの箱を開けました。とりあえず開けてみただけで、組み立てなんかは後日。というか、本当は外で充分な作業スペースをとって組み立てたいところですけど、なにせこの厳寒期、残念ながらそのスペースもなく、室内で組み立てたはいいものの保管場所の問題もあり・・・どうしようかな。

IMG_0056

まずはホイールの入っている箱から開けることにします。

IMG_0057

こんな封印テープが貼ってありました。

IMG_0058

パカリと開梱。各国の言葉で書かれた感謝の言葉が現れました。ホイールはタイヤが付いた状態で、前後2本が平行に入れてありました。

IMG_0061

特に緩衝材などは入っていませんが、ダンボールが効果的に挟んであるのと、ハブにプラスチックの保護材が取り付けられており、常識的な運搬であれば問題なさそうな印象でした。
ホイールの間にダンボールの小箱が入っています。おまけの工具などが入っていますがあとで紹介します。

IMG_2636

リアホイールを取り出しました。ハブに付いているのがプラスチックの保護材です。リムに書いてあるR500の文字、シールなので剥がしてしまうかもしれません。

IMG_2644

スプロケットは10枚。1世代前のTiagraと思われますが、金属の色でかっちょいい!若草号は黒く塗られたスプロケットでしたからねぇ。

IMG_0066

続いてフレームの入った箱を開梱。ホイールの箱より薄いですが幅はそれなりにあります。

IMG_0067

フタをパカリ。何だこりゃ?
答えをいいますと、写真上が前、下が後ろにフレームが納められていました。中央の丸い穴がシートポストです。リアブレーキも見えますね。

IMG_0069

フレームを取り出しました。写真右が前、左が後ろです。各部が緩衝材で厳重に保護されていますね。変速周りはダンボールも活用して更に厳重に守られています。ハンドルは、前フォークにからみつけるように固定されていました。ブレーキやシフトのワイヤーはハンドルに接続されているので、ハンドルをフレームから離すことができません。なのでこういう風に梱包されているのですね。

IMG_2646

ハンドルバーは黒、バーテープは純白!憧れのSTIレバー!そういえば、ドロップハンドルは中学生の頃以来なのを思い出しました。

IMG_2647

クランク(ペダルの付いているあたり)とリアディレーラー(変速機)まわり。まるでギプスのようです。この包装はありがたいなぁ。

IMG_2649

シートチューブのボトルケージ部分にwiggleのシール。ここだとボトルケージをつけた時に隠れちゃうな・・・

IMG_2650

サドルはこんな感じ。白くてかっこいいね。ストゥーム・トルーパーみたい。硬さはまあまあ。若草号と同じくらいの硬さかな。

IMG_2652

トップチューブとダウンチューブの緩衝材を排除してみました。美しいフレームが出てきました・・・その他の部分の緩衝材は、組み立てるときに外したいと思います。
見て分かるとおり、ケーブルは接続されています。wiggleのサービスとして、出荷前に一度ユーザーの体格に合わせて調整したのち、ハンドルやホイールなどを外して梱包しているとのことですので、各部のケーブルは接続されたままです。おかげで、最小限の組み立てのみで一応乗れるようになるわけですね。

IMG_2657

これ!これも憧れのケーブル内蔵フレーム!まぁ、雨なんかも入りそうですが・・・

IMG_2658

別途添付されていたダンボールを開けてみました。

IMG_2660

中にはこれらが入っていました。組立工具としてペダルレンチとマルチツール、フラットペダル(これは製品の仕様にペダル付属と書いてありました)、前後のクイックリリース(ホイールをフレームに取り付けるパーツです)、前後とホイールに付ける反射材、MEKKのユーザーマニュアル。下のゴム製のパーツ2個は何なのでしょう・・?パーツに「Anatomic Bar Only」との刻印があるのでハンドルまわりのパーツのようですが・・・今後調べてみます。保安部品として、ベル(警音器)を別途購入し取り付ける必要がありますね。

※追記:例のパーツはアジャストブロックというもので、STIレバーの位置を近くに寄せる際に取り付けるパーツとのことです。

というわけで、とりあえず開封の儀を行いましたが、フレームは自転車に組み上げられることはなく、ひとまずインテリアとなっています。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)