自転車を海外通販。税金はどうなるの?(ロードバイク乗りへの道 其の三)

今回ももうタイトルのとおりなんですけど、税金について調べたことを書いてみます。

とはいえ、もう素晴らしくまとめられたサイトがあるのでそこを有りがたく読ませていただきましょう。

自転車パーツの海外通販情報局|WiggleやChain Reaction Cyclesの購入方法と個人輸入の激安情報サイト

関税=かからない。小生は今回ロードバイク本体を買ったので、自転車本体については関税はかからない。
通関手数料=かかる。
消費税=かかる。商品代金×60%(個人用品特例)×消費税率(現在は8%)
税金の支払い=通関手数料と消費税をまとめて配達員さんに支払えばOK

ということで、現金を用意して到着を待てばOKですね。

そして。

IMG_0051

届きました!

大きい箱にフレーム、小さいほうにホイール2本が入っているはず。

開封の儀はおいおい行います。ああ楽しみ。乗れないけど(しつこい)

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)