小生、ついにローディーになる!?(ロードバイク乗りへの道 其の一)

まだ手に入っていないけどね。ロードバイク乗り、通称ローディーになるにはロードバイクを買わなければどうしようもない。でも、それなりの性能のものはそれなりに高価だし、そもそも欲しいと思うものが手に入るとは限らないのね。人気メーカーのものは何ヶ月も待たないと日本に入ってこないとか、ニューモデルは予約しないと買えないとか、スポーツ自転車業界はそんなものらしいのだけど、そういうのは面倒くさい。そんな中、自転車海外通販の雄wiggleを時々見ていると、そこそこの性能のものが激安で売られているのを発見。まあまあかっこいい。そして日本では無名のMEKKという英国のメーカー。小生のサイズも在庫がある。翌日見てみると、在庫数が少し減っていた。そのうち売り切れることは目に見えている。札幌は真冬。今購入しても走ることができるのは何ヶ月も先。でもいつ買うの?今でしょ!買わないと前へは進めない。買って体験すれば、SMAPのみんなみたいに、前に進めるかも。

ぽち。

order

1/13に注文。本体と、付属の簡易工具、2個を注文した扱いになるのね。

transit(160119)

今日までの輸送状況。1/15に発送。1/18には東京に到着し、その日のうちに通関を通過し札幌へ輸送されている。なんという早さ!小生がローディーになる日は近い!先日来の大雪の札幌では当分乗れないけどね。

つづく。

海外通販のこと、関税のこと、ロードバイクのサイズのことなど、いろいろ調べたことはおいおい書いていこうと思います。当分はブログのネタに困らなそうです。

soldout

ところで、小生が注文した翌日には本当に売り切れになってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)