お空を見上げながらBS受信するなんて

降雨減衰
読み方:こううげんすい
【英】Rain Attenuation
降雨減衰とは、雨や雨雲のために通信電波が減衰して(微弱になって)しまう現象のことである。

降雨減衰は、雨つぶの直径が電波の波長と重なるために拡散されてしまうために発生する。電波の周波数が高いほど降雨減衰の影響は顕著となり、特に10GHz以上の電波を用いている場合に大きな影響を受ける。
降雨減衰とは (Rain Attenuation) こううげんすい: – IT用語辞典バイナリ

先日のドカ雪、すごかたデスネ。あんな日は家にこもってテレビでも、とかんかえるノガ普通の人だと思ぷのデスガ、雪の粒が衛星放送の電波を拡散させるなんて。このでじたるナ世の中にあって、お空の機嫌をうかがいながら過ごさないとならないトワ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)