CANON EF50mm F1.8 STMも手に入れたよ!

交換レンズをもう一つ買っておきました。CANON EF50mm F1.8 STMというレンズです。このレンズがあるから非キヤノンユーザーがすべからくキヤノンユーザーをうらやむという、超人気のレンズだそうです。いわゆる「撒き餌」レンズとも呼ばれ、カメラメーカー純正レンズとしては破格の1万円代の価格設定ながら値段以上の写りのため、交換レンズの楽しさにはまっていくという恐ろしいレンズ・・・のことです。

私がキヤノンEF50mm F1.8 STMを即決めした3つの理由 | ファインダーワールド
進化してた激安撒き餌レンズ! キヤノン EF 50mm F1.8 STM 比較レビュー | studio9

IMG_8767

こないだの記事でも紹介したこの写真。この写真の左上にあるのがくだんのレンズです。

IMG_0083

レンズの開封の儀って初めてです。EF24-105mm F4L IS USMはヤフオクで買った中古ですので元箱ではなく一般のダンボールにプチプチでくるまれていただけですからね。EF50mm F1.8 STMの箱は各辺が約10cmの立方体でした。

IMG_0084

箱のこの面にはレンズの写真が。

IMG_0086

箱をパカリ。箱を開ける瞬間って、毎度のことですが興奮しますよね・・・中にはマニュアルと保証書がまず入っていました。

IMG_0089

レンズを取り出しました。レンズキャップが付属しています。センターでつまむタイプのキャップですね。左にあるのはEF24-105mm F4L IS USMのために買ったレンズキャップ。大きさがかなり違うのが分かるでしょうか。

IMG_0094

レンズキャップを外しました。慣れないので緊張します・・・レンズ面はとってもきれいです。

IMG_0097

このレンズにもレンズフィルターを取り付けました。

IMG_0101

レンズキャップはもちろんフィルターの上から取り付けられます。

IMG_0106

EF24-105mm F4L IS USMと比較。EF50mm F1.8 STMはレンズキャップだけですが、大きさがこんなに違います。EF24-105mm F4L IS USMが中ジョッキとすれば、EF50mm F1.8 STMはショットグラスくらいの大きさです。

IMG_0112

レンズフードも専用品を準備しました。

IMG_0115

フードを取り付けると、可愛かったのがとたんに精悍なイメージになった気がします!

IMG_0116

フードのすぐ手前のぎざぎざが付いている部分が、フォーカスリングです。このレンズはフルタイムマニュアルフォーカスに対応していて、オートでとりあえず合わせたピントをスイッチをマニュアルに切り替えることなくフォーカスリングを回すことで微調整が可能です。

IMG_0118

なお残念ながら、レンズフードを逆に取り付けることはできないようです。

2015年11月29日訂正:レンズフードを逆に取り付けることは可能でした!

IMG_8794

EOS 6DにEF50mm F1.8 STMを取り付けました。EF24-105mm F4L IS USMを取り付けた時ほどの存在感はありませんが、ボディに良くなじむほど良い大きさです。

IMG_8795

レンズフードが無いとこんな感じ。

さて、これで小生の一眼レフ関係の機材はEOS 6Dと2本のレンズとなりました。これを使った写真を早くブログで紹介したい・・・いやいや、すでに載せていますのよ。今回の記事の、EF24-105mm F4L IS USMのレンズの写真(上から9番目)はEF50mm F1.8 STMで、一番上と最後のふたつはPowershot G16で、それ以外はEF24-105mm F4L IS USMで撮影しました。違いが分かるでしょうか?あまり分からないですね。

あとはこれらを持って外に行くだけ・・・だってまだ室内しか撮影してないんですもの。外に持って行くためには・・・

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)