アークスララポイントカードを検証する

アークス、ビッグハウス、ラルズ、東光ストア・・・小生が北の大地で暮らし始めてからずーっとお世話になっているスーパーチェーンです。ほどほどに安く、そして同じものを複数買うと少し割引になるという価格システムが、貧乏学生にはありがたく、もう10年以上、各地のスーパーに通いつめています。

さてこのグループのスーパーには共通のポイントカードがあり、その名もララカードといいます。日によってはポイント10倍キャンペーンがあり、何となくお得感があったりするわけですが、実際のところどれだけお得なのかこの10年以上きちんと検証したことがありませんでした。ホームページにもポイントシステムについての記述がありません。つまり、何%のポイントが付いているとか、すなわちポイント還元率が分からないわけです。


ららかーど

まずはこの写真を見てください。真ん中の2枚、右の1枚は通常ポイント時の買い物レシート、左の2枚はポイント10倍のときのレシートです。

計算をしてみます。

通常ポイント
935円で2ポイント → ポイント還元率=0.2%
1,869円で5ポイント → ポイント還元率=0.2%
1,877円で5ポイント → ポイント還元率=0.2%

10倍ポイント
2,629円で80ポイント → ポイント還元率=3%
3,603円で110ポイント → ポイント還元率=3%

まとめてみると、通常時はポイント還元率=0.2~0.3%であることが推測されます。お店のポイントって100円で1ポイント、1ポイント=1円とか、1,000円で1ポイント、100ポイントで1,000円分の商品券プレゼントとか、よくありますよね。これはどちらもポイント還元率=1%なのですが、これに比べるとララカードの通常ポイント還元率は低いですね。なおララカードのポイントは現金支払かララクレジットカード決済時にしか付与されません。

一方、Quicpayで支払った場合、ララポイントは付与されませんがQuicpayのポイントは付きます。Quicpayのポイントは基本的にクレジットカード決済時のポイントと一緒なので、カードのもよりますが最低でも1%くらいはあるはずです。

ということは、ララクレジットカードを使用しない場合、通常ポイント時はQuicpayなどを使用し、ポイント10倍時のみ現金支払がお得という結論を得ることができました。あー10年来の疑問がすっきり解決しましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)