今年も行ってきました!札幌→支笏湖→千歳→札幌サイクリング100kmコース!

気が付けばもう10月後半。数日後には平地でも降雪が予想される晩秋の札幌。あー今年は100km走ってないな。このまま今年は行かないのかな。いや、近々平日に休みが取れる・・・平日の日中はそこそこ車も少ない・・・じゃあいつ行くの?今でしょ!というノリで、今年も100km走破に挑戦してきました。
ちなみに去年挑戦した際の記事はこちら。
100km超のサイクリングに挑戦!札幌→支笏湖→千歳→札幌ルートを走破した!!

IMG_8472

9:25に出発。スタート地点はいつもの北海きたえーる。今回のルートは前回とまったく同じ予定ですが、前回とは違う写真を撮っていきたいと思います。

IMG_8473

真駒内、芸術の森と進み、最初の休憩ポイントに到着。だいたい15kmぐらいの地点です。札幌は雪虫が大発生している時期で、本当に粉雪みたいに虫が飛んでいて辟易しました。顔や服につくのは仕方ないとしても、目に入ると危険なのでサングラスは必須アイテムです。
出発時は気温が低く、また体も温まっていなかったので長手袋をはいていましたが、ここで指切りグローブに交換。ナイロン地のウィンドブレーカーも脱ごうかと迷いましたが、このあと冷えても困るし、なにより雪虫が付きにくいのでこのまま着て行くことにしました。

IMG_8474

10:50恵庭市との境界に到着。急激なアップダウンをいくつもこなし、すでにへろへろです。考えてみれば、この100km走に備えて特になにかトレーニングをするでもなく、ただ1年半の日々が無為に過ぎただけ・・・2回目の挑戦だからといって前回より良くなってる点なんて何もなく、ただ歳をとっただけ・・・辛い時はこんなネガティヴなことばかりが頭の中をぐるぐる廻ります。

IMG_8479

恵庭市との境界なので反対側には当然札幌市のカントリーサインがあるわけですが、その横にサイクリングロードが?これはどこからあったのだろう・・・ここまで登ってくる途中にはサイクリングロードを見かけなかったが・・・?気になりますが、今は検証している時ではありません。先に進まねば。

IMG_8477

付近にはこんな看板も。冬眠前の熊には出会いたくありませんね。

IMG_8481

さっきのところからは下り坂が続き、下りきったところにえにわ湖、そして恵庭市へと抜ける道道117号線への分岐があり、そしてそのあとの上り坂が今回のツーリングでもっとも辛かったところでした・・・およそ5km続く上り坂で、このルートの最高点まで一気に登るのです。前回の記事ではこのあたりから歩道を走行したと書いていますが、今回は歩道がいたるところで通行止めにされており、ただでさえ走りにくいのに余計にストレスがかかります。なんでこんな辛いことをしてるんだろう・・・とか、学生時代はもっとしなやかに走れたはず・・・とか、とにかくマイナス思考ばかり。腕も脚も疲労で思うように動かず、もうだめだ・・・!と思いかけた時!

「がーんばれー!!」

と言う声が反対車線から聞こえてきたのです。反対車線を下っていくチャリダーが小生に声を掛けてくれたのでした。疲労困憊の小生には右腕を上げて応えることしかできませんでしたが、かなりの元気をもらいました。こんなことってあるんだ・・・今でもその時の様子が思い出されます。

IMG_8482

11:35金山覆道に到着。出発から大体30km弱の地点で、今回のコースの最高点です。しつこいようですがここまでがとっても辛かった!何度か自転車を降り、少し休んではまた漕ぎ出すということを繰り返し、ここまでやってきたのです。前回の記事にはここまでの苦労をあまり書いていないのですが、そんなに辛くなかったのかな?それとも辛いことだから記憶から消去してしまったのか・・・正直、こんなに辛かったっけ?って思ったくらいです(しつこい)。

IMG_8483

周囲は原生林です。もちろん人家なんてありません。

IMG_8484

ここまでやってきた若草号をぱちり。
ここからは、支笏湖畔まで一気に下ります。

IMG_8486

支笏湖の看板が見えてきました。

IMG_8495

恵庭岳が見えるポイントにきました。しかしいい天気です。そして、不思議なことに芸術の森を抜けて山道に入った頃から雪虫がいなくなりました。

IMG_8490

ちなみにここには3級基準点というものがありました。

IMG_8491

ちょっと引いて、恵庭岳と若草号のツーショット。

IMG_8498

どんどん下って、12:15支笏湖の湖面に到着。ここで食事とトイレタイムとなりました。食事といっても、持ってきたバナナ2本とSOYJOY風の栄養食を2個。休息をとり、再度出発。ここはほぼ40km地点。まだ半分も来ていないのでね!

IMG_8502

とはいえ、良い天気に映える良い景色ばかりで思わず足が止まります。これは白老岳でしょうか。はっきりとは分かりませんが、その方向です。

IMG_8504

これは恵庭岳。先ほどより南から見ています。

IMG_8505

手前が風不死岳、奥が樽前山ですね。

IMG_8509

支笏湖温泉を通過し、13:20千歳へ抜ける分岐まできました。出発から51km地点です。

IMG_8510

ここには「分岐点」という名のバス停がありました。

IMG_8512

ここからは道道16号とほぼ平行して走るサイクリングロードを走行します。落ち葉だらけです。ときどき小枝も落ちているので気を抜けません。

IMG_8513

終わりかけの紅葉を撮ってみました。

IMG_8514

もうすぐ散りそうですね。

IMG_8515

青空に黄色と赤が映えますね。

IMG_8516

あー快適。

IMG_8518

写真を撮っていると、小生の手にミツバチが・・・!

IMG_8519

こんな看板も。道の左側は原生林なので、いらっしゃる可能性はありますね。思わず、もりのくまさんを口ずさんでしまいます。

IMG_8521

千歳川に隣接したところにはこんな施設もあります。

IMG_8523

14:18名水ふれあい公園に到着。千歳市街までかなり近づいてきました。ここでトイレと給水。持ってきたボトルのドリンクはすでに飲み干してしまったので、ここで水を汲み、持ってきたスポーツドリンクの素(粉末)で新しいドリンクを作ります。前回は、この先のスーパーでペットボトルのドリンクを買ってましたが、給水さえできればこういう技も有効ですね。

IMG_8524

ここにもこんな看板が。やはりいらっしゃるようです。

IMG_8525

14:40国道36号と合流するポイントまで来ました。約73km地点です。ここまでくると少しほっとします。ただ雪虫がまた発生しはじめてさらに辟易しました。

IMG_8527

看板に、札幌の文字が見えました!札幌まで37km!20km/hで行けば2時間かぁ、なんてことを考えたりします。まあ無理ですけどね。

IMG_8529

恵庭市に入り、ここは恵庭市街とバイパスとの分岐点です。時刻は15:00。79km地点。近くにはサッポロビールの工場があり、できたてのビールとジンギスカンが楽しめるレストランもあります。その名も「ヴァルハラ」。北欧神話で戦死者が憩うとされる宮殿の名前が付けられています。行きたいー!
しかし恵庭市街の雪虫はひどかった!

IMG_8533

恵庭市街をやや過ぎたところに、えにわ湖方面へ行く道道117号があります。支笏湖まで行かずえにわ湖方面に進むと、ここに出てくるわけですね。

IMG_8534

15:34。88km地点。北広島市に入りました。

IMG_8537

日がだいぶ傾いてきました。このあたりから、空腹感を覚えるようになります。帰ったらなにを食べようか?なんてことを考えるようになりました。千歳市街以降、そんなに大きなアップダウンはないのですが、脚も腕も疲労の蓄積で辛いので、適宜止まって休息を取りました。

IMG_8540

16:17札幌市に入りました。今にも日が沈みそうです。そして腹が減った!体力が無くなってきたのを感じます。ハンドルを押さえる手が震えます。日没になったせいか、雪虫がいなくなりました。

IMG_8544

清田区真栄1-1の大きな較差点が、ちょうど100km地点でした。

IMG_8547

17:00にきたえーるに到着。走行距離は108km。

IMG_8548

月も出てきました。

かなり空腹です。電池切れ寸前にのろのろと動くロボットみたくなっています。記録のために力を振り絞って何枚かの写真を撮りましたがもう限界!なんか食わせろーって叫びたいくらい。これほどまでの空腹感を覚えたのは小生の人生で記憶にないかも。そしてなぜか鼻水が止まらない!いろんなところがおかしくなっている感じ。若草号に乗る気力も起こらず、押して行ったその先は・・・!!?

IMG_8553

小生お気に入りの蕎麦屋、叶庵。きたえーるのすぐ向かいにあります。

IMG_8556

食べるのはこれ!冷やしたぬきそば。あっさりとした更科麺でいただきます。もうむさぼるように食べました。

IMG_8557

なんたって新蕎麦の時期ですもの。

今回もAndroidアプリのMy Tracksでログを取ったので、それを検証しながら今回のツーリングを振り返ろうと思います。

Screenshot_2015-10-24-21-39-59

今回のルートは前回と同じですがこんな感じ。9km/h以下で走行した箇所は黄緑、10~20km/hは青、21km/h以上は赤で表示されています。黄緑が続いている部分が、小生が一番辛かったところということになります。支笏湖から千歳に抜けるサイクリングロードは、かなりの部分で21km/h以上で巡航できていますね。

Screenshot_2015-10-24-21-40-04

高低差と速度はこんなグラフになっています。緑線で表示されているのが標高ですが3つのピークがあることが分かります。一つ目が札幌と恵庭の境界、2つ目が金山覆道、3つ目はたぶん支笏湖温泉のあたりでしょう。2つ目と3つ目の間の標高が若干下がっているところが、支笏湖畔です。

Screenshot_2015-10-24-21-40-11

数値データはこんな感じ。距離は109.96kmとなっていてサイクルコンピュータの数値と異なっていますがまあ誤差範囲でしょう。消費カロリーや最高速度なんかも出ています。前回は合計時間が7時間42分18秒、移動時間(つまり自転車に乗って動いている時間)7時間05分59秒となっていたので、今回は、移動時間としては40分ほど短縮しているのですが、トータルでかかった時間は30分くらい長くなっています。そらそうだ、前回は9:40出発、今回は9:25に出発しているのに、今回のゴール時間は前回より数分遅くなっているもの。これはつまり、止まって休んでいる時間が前回より多くなっていたということか?

服装はこんな感じで出掛けました。上=長袖Tシャツ(綿100%)+アディダスのパーカー+薄手のウインドブレーカー、下=パッド付きインナーパンツ+ユニクロのスキニーパンツ。靴=普通のランニングシューズ。サイクリング専用ウェアはパッド付きインナーパンツだけで、あとはごく普通の服です。気合の入ったサイクルジャージとか持ってないし。汗が冷えるのを危惧していちおう着替えのTシャツを持って行きましたが、支笏湖で休んでいる時にある程度乾いたので大丈夫でした。あ、グローブだけはいちおうそれなりのものを使ってます。指切りはパールイズミ、長手袋はシマノ製です。

今回も上り坂にはとても苦労しましたというか、大変辛いことに自ら挑戦してしまったというか。辛いところはとにかく辛い。なんでこんな辛いことを、って、正直思いました。でも、無事に帰ってきて、今こうして振り返っていると、挑戦して良かったな、と思います。今年もやった!って思えてるから。それにしても、食事は大事!良く考えてみると、朝は食パン2枚、昼はバナナ2本と軽食のみ、これじゃ普通の生活でも腹が減りますよ。ましてや1,400キロカロリーも消費する激しい運動をしてるのにこれじゃあね。ゴール後に食べたものも低カロリーの蕎麦だし。適宜いろいろと食べればよかった。
よし、次回挑戦する時は食いまくりツーリングにするかな!支笏湖畔の売店で買い食いし、千歳でなんか食い、恵庭ではパンかケーキかな!札幌に入ったらすぐにラーメンだな!札幌に入ったらすぐに三井アウトレットがあるから、そこのフードコートで弟子屈ラーメンか豚丼を食べよう!美園まで戻ったらけやき紅麹屋に行くんだ!ゴールはもちろん叶庵。よし決めた、来年も100km走をやろう!

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)