サイクルコンピュータを取り付けた

ああ、サイクルコンピュータ・・・自転車の走行距離や速度がわかる夢のコンピュータ。こちらのサイトにあるとおり、たくさんの機種があるのだけれど、基本的にコンピュータ本体とセンサーの接続が有線か無線か、そしてケイデンスと呼ばれるセンサーが有るか無いかに分類できる。有線より無線のタイプの方が値段が高いし、ケイデンスがある方が値段が高い。しかし値段が高ければ良いという物ではなく、用途によって選べばよい。小生の場合、配線が面倒だから無線タイプとし、ケイデンスは必要ないためケイデンス無しのものにした。そしてamazonで機種と値段を比較検討した結果、CC-MC200Wマイクロワイヤレス限定カラーモデルに決めた。もともとCC-MC200Wはブラックとホワイトしかなかったが、どういうわけかカラーバリエーションがラインナップに加わり、そしてなぜか小生の選んだカラーは、もともとのブラックやホワイトよりかなり安い値段になってたのですよ。いつまでそのバーゲン価格になっているかわからないので、いつ買うの?今でしょ!という感じでかなり衝動買い。


IMG_9509[1].jpg

パッケージはこんな感じ。ホワイトモデルで、ガワがグリーン。小生の若草号の色にもマッチしそうな、かわいらしい配色です。
一応覚え書きを兼ねた開封の儀を。

IMG_9510[1].jpg

パッケージその2。本体のカラーバリエーションに合わせてパッケージの色も揃えてある。よく考えたら結構すごいよ。

IMG_9511[1].jpg

特徴など。半分くらい意味がわかりませんというか、もう少し一般的な単語でわかりやすく書いてもいいのでは。

IMG_9513[1].jpg

同梱物はこんな感じ。本体以外のパーツは全て黒。恐らくカラーバリエーションを問わず共通パーツなのでしょう。そらそうだ。

IMG_9514[1].jpg

質感はこんな感じ。ガワは梨地というか、ざらっとしたアルミ素材で質感は高い。グリーンがとても鮮やかです。

IMG_9515[1].jpg

本体の裏側。電池のふたはブラックでたぶんカラバリ共通なのでしょう。せめて白にして欲しかったなとも思いますが、まあ普段は見えないところだからいいか。

IMG_9516[1].jpg

コンピュータとセンサーのツーショット写真。センサーは結構大きいです。無線式ゆえにボタン電池を内蔵しているためです。

IMG_9517[1].jpg

さくっと取り付け。コンピュータはこの位置に。おっと、この機種はバックライトも搭載しているので、夜間走行時でも数値を確認できる。凝視は厳禁ですが・・・

IMG_9518[1].jpg

センサーはここ。

はてさて、これから活用できることやら・・・

この機種の評判などは以下サイトを参考に。
CATEYE CC-MC200W “MICRO WIRELESS” – スピードメーター・GPS – サイクルベース名無し:自転車レビューサイト
Amazon.co.jp: キャットアイ(CAT EYE) CC-MC200W マイクロワイヤレス ブラック
Amazon.co.jp: キャットアイ(CAT EYE) CC-MC200W マイクロワイヤレス ホワイト
レビューを見る限り、妨害電波に弱く誤作動を起こす頻度が従来機種より高い??らしい。また携帯の電波や、ライトの点滅モードでも誤作動する???らしい。ちょっと注意して運用し、誤作動の原因は極力取り除かねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)