もしクルマのタイヤがパンクしたら!?

最近のクルマと同じく、小生のキューブにもスペアタイヤが搭載されていません。もちろんジャッキなんかもないので、万が一パンクしたときにタイヤ交換をすることができず、JAFのお世話になるしかありません。できることは自分でしたいし、JAFを呼ぶより自分で何か対処した方が時間がかからないのであれば対処できるようにしておきたい、そう思って、小生のクルマにはこちらを積んでいます。

武蔵ホルト株式会社 | 商品一覧 > 自動車用 > タイヤウェルド (中)

補修のホルツで有名な武蔵ホルト株式会社のパンク修理剤タイヤウェルドです。パンクしたタイヤに空気を入れる感覚で注入するだけで、修理剤と空気が同時に入って応急処置が完了するというステキなものです。万が一のパンクにはこれがあれば問題ない、そう思っていました。

ですが・・・

ジャッキアップ不要!車のタイヤをパンク修理剤で応急処置した話。

いちどパンク修理剤で修理したタイヤは以降のパンク修理ができず、次回パンクした時は問答無用でタイヤ交換となってしまいます。タイヤの状態、パンクの程度、パンクに見舞われたその時の状況などによっては、応急処置ではなくきちんとした修理ができる体制を取っておくのも悪くないかな、と考るようになりました。

要するに、パンク穴をゴムでふさぐ方式でのパンク修理キットを購入した、というお話です。

IMG_7656

エーモンのパンク修理キット

IMG_7657

本体裏の説明書。修理の手順が記されています。
こちらにも詳しく解説されています。
実際に作業された方のレビューもありました。
FIT 応急パンク修理キットを使わないパンク修理: マグマ大使の道具箱

IMG_7695

修理キットのハンドルの黒い部分は中が空洞になっており、ラバーセメント以外のパーツを中に収納することができます。携帯用の袋もついています。厚紙の説明書はカラーコピーして折りたたんで袋に収納することにしました。プライヤーも一緒に収納します。
本品を使用してパンク修理する場合は、穴をふさいだあとに空気を入れなければなりません。以前ビーチクルーザーに乗っていた頃から所有しているママチャリ用の足踏み空気入れが米式バルブ(つまり自動車で一般的に使われているタイヤバルブ)に対応しているので、これもトランクに常に入れておくことにしました。あ、空気圧を計るためのエアゲージも入れとこうっと。

とにかく急を要する場合はパンク修理剤で修理しますが、時間がある場合(穴をふさいだあと30分程度放置しないといけないそうなので)、心に余裕がある場合、タイヤをまだ買い換えたくない場合、またブログネタがほしい場合などは、エーモンのパンク修理キットで修理したいと思います。まぁ、パンク修理用品は出番がないのがいちばんいいのは言うまでもありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)