DIYで鍋蓋の補修!

IMG_7484

取っ手のボルトが折れ、取っ手が無くなってしまったお鍋の蓋。とっても不便ですので、補修をしました。

IMG_7485

ホームセンターで換えの取っ手を買ってきました。蓋にボルト穴が空いていればすんなり交換できるのですが、裏を見ればわかるとおり、この蓋にはボルト穴が空いていません。どうやらボルトが溶接されていたようです。仕方ないので、穴を開けてしまうことにします。

IMG_7486

センターに、ガイド用の小穴を空けてから・・・

IMG_7487

電動ドリルドライバーに鉄鋼用ドリルビットを取り付け作業開始!購入した取っ手に付属のボルト径は約6.3mmとの記載がありましたので、
まずは6mmのドリルビットで穴を開けます。

IMG_7488

6mmの穴が空きました。若干穴を大きくするために、8mmのドリルビットに交換して少しだけ削ります。

IMG_7489

こんな感じ。バリ取りも同時にできてしまいました。

IMG_7490

裏からボルトを差し込み、取っ手を取り付けました。

IMG_7491

裏はこんな感じ。

IMG_7494

激落ち君で軽く磨き上げてみました。美しく仕上がりました。実はこのお鍋、取っ手が取れてからは戦線離脱し卵をゆでるくらいにしか使ってなかったのですが、蓋が復活したことでめでたく戦線復帰とあいなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)