シルバーウィーク

こないだありましたね、シルバーウィーク。シルバーウィーク初日はうちの会社は営業日だったので、何かと大変でした。千歳→羽田の飛行機は各社もれなく全て満席。なにしろゴールデンウィークや夏休み、年末年始以外で、近代日本始まって以来の大型連休でしたからね。各所で触れられてはいますが今更ながら成り立ちについて説明してみると、19日(土)20日(日)はいいとして、「敬老の日」がハッピーマンデーによって9月の第3月曜すなわち21日(月)となり、23日(水)は「秋分の日」で祝日、2つの「国民の祝日」にはさまれた22日(火)が「国民の休日」となったわけです。ちなみにゴールデンウィーク以外で「国民の休日」が発生したのはこれが初めてだそうですよ。

NHKが「ゴールデンウィーク」という言葉を使わないのは有名ですが、そういえば「シルバーウィーク」という言葉も使ってなかったような・・・「シルバー」って、一応「ゴールデン」に対する「シルバー」なんでしょうけど、「敬老の日」も含まれていることから、「老人」の意味もあるよね、絶対。

と言うわけで、暦は面白いです。小生も以前、2月をほかの月より短くしたのはきっと北国の人だ。なんて記事を書いてますが、暦は宇宙のシステムと、人間の生活、そして為政者の政策とを折衷したとても繊細なものなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)