プレスポ3年目のシーズン!初めてスプロケ掃除とチェーン交換をしてみた!

小生のプレスポ(サイクルベースあさひのショップブランドクロスバイク、「プレシジョンスポーツ」)は今年で3年目のシーズン。若草号の愛称を付け昨年は100kmの走行を果たしたりもしましたが、普段の整備は空気圧チェックとチェーンオイル補給、簡単な掃除くらいしか行っていませんでした。よって今回いろいろ買い集め、少しディープなところまでやってみました。

IMG_5546

サイクルベースあさひの通販で購入したものは次のとおり。
・チェーン(KMC)とチェーンカッター(TOPEAK)
・リムテープ(Panaracer)
・ミッシングリンクオープン/セッター(BikeHand)
・ドライテフロンルブ潤滑剤(FinishLine)
・指切りグローブ(Pearl Izumi)
・インナーパンツ(Wizard)

単品だとAmazonの方が安いものもありましたが、トータル金額ではたぶんあさひの方が安かったと思います。

IMG_5564

まずは若草号の観察から。裏返したりデリケートなパーツを保護するために、ダンボールも用意しておきます。

IMG_5565

いちばん気になっていたのはチェーンとスプロケット(歯車)周り。2年間で2,000kmくらいの走行ですが掃除したことは一度もありません。チェーンにもスプロケットにも、粘土状の黒い物質がべっとり。潤滑油に土ぼこりやチェーンの削れカスがこびりつき、固まっています。手や服に付くと簡単には取れません。

IMG_5566

フロントディレーラー部分も同様。

IMG_5569

裏返してみました。

IMG_5570

フロントディレーラーの裏側もこの汚れ。

IMG_5571

改めてスプロケ周りを観察してみます。歯車部分のほか、内部の方まで汚れています。

今回はチェーンとスプロケ周りをきれいにしたいのですが、チェーンは新品と交換し、スプロケは次のサイトを参考にして、分解をせずに掃除をしていきたいと思います。

自転車スプロケットの洗浄は5分で完璧にできます! | 彩 on your world

IMG_5572

まずはチェーンの切断から。チェーンにチェーンフッカーを取り付けたわませ、チェーンカッターでピンを抜きます。チェーンフッカーはチェーンカッターに付属していたものです。

IMG_5573

無事ピンが抜け、チェーンが切れました。下に落ちているのが抜け落ちたピンです。

IMG_5574

チェーンが外れました。

IMG_5575

チェーンの外れた若草号。ぱっと見は普通ですが、パンツのゴムが切れたような、どこかやるせない雰囲気になってしまいました。

IMG_5576

前後のタイヤも外し、裏返された若草号。まさに俎上の鯉。

IMG_5578

前輪はチューブとリムテープを交換します。赤いのがプレスポにもともと付いていたリムテープ。小生のプレスポはそうではありませんでしたが、ネットのレビューをみると、テープがねじれて装着されていたなんて話もあります。リムテープがしっかりしていないとパンクの恐れがあるので今回交換することに。

IMG_5579

パナレーサーのリムテープはゴムというかシリコンというか、若干伸びるしなやかな素材です。色もかっこいい。

IMG_5580

幅は18mmのものを選びましたが、ちょうど良かったと思います。
新しいチューブを入れてタイヤを嵌め、軽く空気を入れたのち水洗いして前輪のメンテは終了。

なお後輪のチューブはまだ使うつもりですので、後輪のリムテープ交換はチューブ交換の際に行うことにします。
IMG_5581

スプロケットの掃除をしました。上記サイトを参考に、CRE5-56を振りかけて歯ブラシでゴシゴシこすり、パーツクリーナーで洗い流し、ウエスでスプロケを1枚1枚磨きます。するとこんなにきれいに!スプロケはもともと黒く塗装されていた?のですが、ところどころ削れて地金の色が見えていることが分かりました。

IMG_5577

プーリーも同様に黒い粘土状物質が付着しているので、まずはマイナスドライバーでそぎ落としてから磨きます。掃除後のアップ写真を撮り忘れました・・・フロントギアの裏側も、手の届く範囲で掃除します。

IMG_5583

各場所の掃除を行いタイヤを取り付けたのち、新しいチェーンを取り付ける作業にかかります。
新品のチェーンは若干コマ数が多いので、旧チェーンと長さをあわせるため並べます。

IMG_5585

この位置で切れば長さが合うことが分かりました。先ほどと同様に、チェーンカッターでカットします。

IMG_5586

若草号に取り付けました。最後の難関、チェーンの連結ですが・・・

IMG_5582

このようなミッシングリンクを使うことにしました。これは新しいチェーンに付属していたもので、チェーンを容易に着脱するためのパーツです。これ自体がチェーンの1コマになります。

IMG_5589

装着するとこうなります。チェーンの張力で左右から引っ張られることで、チェーンを繋ぎとめているのです。

IMG_5587

きれいになったスプロケと新品チェーン!かなりの達成感を味わっています!

IMG_5588

シルバーのチェーンで見た目も軽くなりました。
なお、新品のチェーンには錆び防止のため粘度の高い油が塗られていますが、これを落としてから装着するかそのまま装着するかは、ユーザーによって意見が分かれています。小生はそのまま装着してしまいました。

IMG_5590

残ったチェーンとピン。

初めてづくしで作業と写真撮影に時間がかかってしまいましたが、本格的な自転車整備の第1歩を体験しました。今後、チェーンの掃除はミッシングリンクを外して灯油で行い、道具が揃えばスプロケットやプーリー、フロントギア周りを分解して掃除をしてみようと思います。

チェーンについて、こちらのサイトが大変参考になりました。

チェーンメンテ再考 : 超元祖ヨシヲ公式ブログ改β ~マラビンタの夜明け~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です