DR-100MKIIの電源について考えた!

先日からブログのネタとして重宝しているDR-100MKIIですが、今日はその電源の話。生音の収録というのは一期一会。失敗が許されずやり直しがきかない現場ではあらゆることに神経を使わざるを得ないのですが、その一つが電源。いざという時に「電池切れ!」では話にならないので、予備も含めて電源の確保が欠かせません。

そもそもDR-100MKIIには内蔵のリチウム電池があり、また単三電池2本も併用できるので、この二つの電源をメインに据えるのが基本。

まずは使用する単3電池について。

IMG_2661

エネループを買いました。普通のデザインでもよかったのですが、こんな迷彩柄のデザインも出てたので、最近迷彩にはまって迷彩柄のズボン下を愛用している小生としてはこれを選ぶしかないなと。
あまり関係ないですが、Panasonicのロゴがパッケージの外向きに並んでいます。こだわりですな。

IMG_2778

余裕の8本入りエネループ。うち4本は、平時はこいつの電池として活用しています。左側のランタン型ライト、GENTOS EX-757MS。万が一停電になった時のために常備することにしました。最近猛吹雪とか、荒天が多いですからね・・・EX-757MSの明るさはかなりのもので、普通に照明として使えます。夏になったら車中泊にも持って行きたい!

さてDR-100MKIIに内蔵する電池にはエネループ8本を確保したのですが、それでも不安・・・で、ネットでいろいろ調べたところ、DR-100MKIIのACアダプタ差込口のプラグはPSP(プレイステーションポータブル)のものが使えるとのこと、しかもモバブー(モバイルブースター、要するに持ち運びできるスマホ用充電池)から給電できるとのこと。小生はすでにANKERのモバブーを所有しているので、それから給電できればすごく安心!だって小生のモバブーは13,000mAhもの容量があり、DR-100MKII付属のリチウムイオン電池は1,800mAh、エネループが1本1,900mAhですので、PSP充電ケーブルをゲットしモバブーと接続できれば、それらよりはるかに大容量の電源を確保できることになります。

IMG_3182

PSP充電ケーブルは100均にもあるそうなのですが、行ける範囲でダイソー、キャンドゥ、セリアを探してみたのですが見つからず、結局はELECOMのを買いました。

IMG_3183

こんな感じ。DR-100MKIIの画面右上に「AC」と表示されています。モバブーからの給電ができていることがわかりました。やったー!

さて、内蔵電池もエネループもモバブーも電池切れになってしまったら、最終的にはACアダプタが必要になります。やはりACアダプタも買った方がいいのか・・・でも専用ACアダプタを接続するとハムノイズが乗るというレビューもあり・・・
いろいろ調べているうち、ACアダプタのプラグには規格があり、今回買ったPSP用はEIAJ2センター+(プラス)という規格だそう。こちらの規格表をみると、EIAJ2は電圧区分がDC3.15Vを超え6.3V以下とのこと。DR-100MKIIはDC入力は5V。専用ACアダプタの出力はDC5V。つまり、出力がだいたい同じならプラグの形状が同じ、逆に言えばプラグの形状が同じであれば出力はだいたい同じだと想像ができます。
ひとまず、うちの中に同じ形状のプラグを持ったACアダプタはないかと探してみました。

IMG_3287

なんとありました。このACアダプタはカシオの古いデジカメに付属していたもので、そのカメラは今使ってないから正直もてあましていたACアダプタなのですが、もし使えれば強力な機材になります!
ACアダプタの規格をよく観察してみると、出力は5.3Vとのこと。電圧が若干高いが・・・どうなのでしょうか。

IMG_3288

挿してみました。chargeランプが点いて、本体に「AC」と表示されているから、大丈夫かも!一つ上の写真のとおりプラグの近くにノイズフィルターっぽいものが付いているのでノイズも乗らない・・・かも!

で、先日の収録では、エネループをメインに、バックアップとしてモバブーとカシオのACアダプタを持って行きました。最初は電池駆動。マイク1本にファントム電源を供給しているので電池が見る見る減っていく!最終的には、エネループは8本使い切り、モバブーの電力を少し使うくらいまでになりました。内蔵充電池は、とりあえずこの時はリーサルウエポンと位置づけほぼ使っていません。エネループは残量ゼロになる前に取り替えりもしたので使用可能時間(というかエネループとしての駆動時間)は分かりませんでしたが、何重にもバックアップがあるとやはり安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)