2015年は例年より1秒長いようです。

1日が1秒増える「うるう秒」を2015年に追加決定、うるう秒バグを回避できるのか? – GIGAZINE

日本時間2015年7月1日8時59分59秒のあとににうるう秒が1秒挿入されるそうです。協定世界時と自然現象との差を埋めるための処置ですので、時間が増えるわけではありません。あくまで、人間が便宜的に作った時間軸を森羅万象に寄りそわせるための処置なのです。具体的には、8時59分59秒の次は9時00分00秒となるべきところ、8時59分60秒を挟んで9時00分00秒となるとのこと。普通に考えるとおかしなことですので、システムを普通のままにしてたら大変なことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)