信州人のソウルフードを味わった!

大変貴重なタンパク源をいただきました。

IMG_2129

右側は小ブナ、左はなんでしょう、エビ?のような小型甲殻類かと思いきや、実はイナゴ!鋭い脚、仮面ライダーをほうふつとさせる顔、どこからどう見ても昆虫です・・・

イナゴを思い切って口に入れてみると・・・甘辛く煮付けてあり味はまあまあ、食感は・・・田作り?乾燥したカタクチイワシを思わせるパサパサとした食感で、サクサクカリカリという咀嚼音が食卓に響きます。それに比べれば小ブナの方は、どっからどう見ても肉!肉!!わずかに川魚特有の臭みがあるもののイナゴに比べれば動物性の肉質を感じます。魚はすごく安心します。

そして。

IMG_2127

こちら!ぱっと見、コンキリエかな~オシャレだな~と思ったら、実は「お蚕様」!繭玉から絹糸を取った後、最後に「コロっ」と残ってくる蚕のサナギだそうです。

思い切って口に入れてみると・・・グミのような、お餅のような・・・不思議な噛みごたえというか、小生の脳髄がこの貴重な食物をどのように解釈してよいか判断がつきかねているのを感じました。味はやっぱり甘辛く、わりと馴染みのある味付けなので、もしかしたらほかほかご飯の上にざらざらっと振りかけたら軽く食べれちゃう感じ!?ともあれ、世が世なら大変貴重なタンパク源とのことですので、日本の礎を築いた超重要食材としてありがたくいただきたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)