こいつ(2TB HDD)…違うぞ!前の(320GB HDD)なんかと、装甲も、パワーも!!

というわけで、小生のノートパソコンのHDD換装作業の続きです。

今付いているHDDの情報をそのまま新しいHDDにコピーし、新しいパソコンで正常に機能させるには、単純にコピー&ペーストではNGです。従いまして、専用のコピー(正しくはクローニング)ソフトを使用します。

フリーソフトでHDD丸ごとコピー ~ ハードディスク引越しとバックアップ作成-EASEUS Disk Copy 2.3/Todo Backup Home 2.0/Partition Master 7.0.1
Easeus Todo Backupの使い方 パソコン初心者講座

このあたりを参考に、Easeus Todo Backupというソフトで作業開始。

今回も写真が多そうなので続きは以下から。

sc1

HDDの引越し作業開始。

sc2

6時間後。クローンHDD作成完了。

次は、HDDの取り替え作業です。

IMG_1276

ノーパソ本体を裏返します。まさにまな板の上の鯉状態です。

IMG_1278

ノーパソの腹を掻っ捌きました。左側に鎮座しているのがHDDです。

IMG_1279

HDDを取り外しました。

IMG_1280

取り外したHDDです。本体に内蔵するためのベースがネジ止めされているので、それを外し、新しいHDDに取り付け、

IMG_1282

本体に戻します。

IMG_1281

取り外した旧HDD。HITACHI製2.5inch320GB。4年弱お疲れ様でした。

さあて、お待ちかね。HDDを換装し終わったノーパソを起動してみます。

sc7

やりました!容量がC、Dあわせて2TB近くになりました!

sc4

ディスクの管理でも確かめてみます。

sc3

ちなみに旧HDDではこんな感じ。

ベンチマークも計ってみました。

sc5

sc6

上が旧HDD、下が新HDD。ほぼ全ての項目でHDDへの読み取り、書き込み速度が向上しました!どちらも5400rpmでプラッタの回転速度は同じ。決定的な違いは、プラッタ1枚あたりの容量。プラッタとはHDDの中に入っている円盤の記録媒体で、プラッタ1枚あたりの容量が多い方が転送速度が速くなります。プラッタはHDDのなかに通常2枚~3枚入っており、今回買ったHDDのプラッタ1枚あたりの容量は約667GB。旧HDDの総容量の2倍もあるので、大容量のHDDに換装するとそれだけで転送速度が速くなるわけです。

というわけで、小生のノーパソはあと10年は使える容量を獲得しました。

旧HDDは、今回買ったHDDケースに入れて外付けHDDとして使おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)