キトサン 低分子キトサン活用 健康維持 在宅ケア

低分子キトサン 低分子粉末 健康生活維持 免疫力を向上させよう!

FrontPage

驚異的成果を発揮しているキチン・キトサン。後は科学的裏づけを待つのみ

健康維持に貢献するキトサン  

このエントリーをはてなブックマークに追加

''役立つキトサン健康情報源 読者登録で 生涯健康で生き抜く
キトサン生活法をお届けしてます。是非登録してくださいね!
''

登録  解除
*メールアドレス
*名前

キトサンの愛飲者が急増するにつれ、成果を体感する人が続出し「これはスゴイ!どうして今まで知られていなかったのだろう」「健康食品にはなんとなく胡散臭さを感じていたが、これは今までの健康食品とは違う」と驚嘆の声があちこちから聞こえてきます。

画像の説明

健康食品に胡散臭さを感じるのは、「健康食品とは何か」の概念がはっきりしていないこともあります。「現代用語の基礎知識」の健康食品の項目が詳しく説明しておあるので、引用させていただきます。

画像の説明

「健康食品とは何かとなるとその定義はないに等しい。政府部内でも”いわゆる健康食品とか”健康志向食品”など。各省庁によって呼び方まで混乱している。公式な見解によると、健康食品とは、”通常の食品より積極的に保健、健康増進などの目的をもち、少なくともそうした効果を期待されている食品”ということになる。

特定保健用食品とは、カルシウム飲料や食物繊維などのいわゆる機能性食品「食品中に含まれる①免疫(生態防御)機能を高める。②生態調節機能を高め、高血圧。ガンなどを防ぐ③体調リズムをコントロールし、神経系、消化機能を調節する④老化を抑制する、などの機能に着目して、人工的にバイオテクノロジーなどで加工し、そうした機能を十分に発揮できるようにしたもの」のうち、国の認定する特別の基準に合格した食品とされています。

健康食品と紛らわしい言葉に自然食品があります。 自然食品とは無農薬で栽培し。また加工時に添加物を加えたりしないで、そのものの持つ性質を生かした食品と説明しています。

キトサンで腫瘍を克服した我が家の愛犬「ラッキー」です。

画像の説明

キトサンを飲んでみたら、「難病といわれるガンがよい方向に向かいだした」「肝臓に転移した影が消えた」「病院に通っても治らなかった膝が、嘘のように痛みが消えた」「大学病院をはじめ、あらゆる医療機関を尋ねても解決しなかった娘の無気力症状が治った」といった、今までの常識では考えられないような数々のドラマが各地で演じられています。

もちろん、この中には必ずしもキトサンだけの成果と即断することに無理があるものがあります。自然治癒力の場合であったり、医療機関の適切な処置の効果であったかもしれません。

一口にキトサンといってもいろいろな種類がある

数多くのメーカーから健康食品としてキトサン関連商品が販売されています。このように素晴らしい成果を持つことが期待されているキトサンではありますが、キトサンと名称のあるものなら、何でも同じようなせ成果があるのかという疑問にぶつかります。つまり、どこの商品でも同じなのでしょうか。

キチン・キトサンとは

キチンはN-アセチル-D-グルコサミンがβ(1-4)結合した直鎖型の多糖類です。キチン質は、カニやエビの甲殻や昆虫の外皮、イカ・貝などの軟体動物の器官、キノコなど菌類の細胞壁など、地球上に広く分布している生体高分子(多糖類)です。また、土の中の糸状菌の菌体の中にもキチン質が多く含まれています。それらを合わせると地球上に1千億トン存在すると推定されています。現在、一般的に利用されているキチン質は、カニ殻から作られています。カニ殻から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて精製したものがキチンです。さらにキチンからアセチル基を外して、抽出精製したものがキトサンです。カニ殻を化学処理でキチンを取り出しキトサン化するのですが、その際どうしてもキチンが残り、キチンとキトサンが混じった状態になります。そのためキチン・キトサンとふたつの物質名を重ねて呼んでいます

キチンとキトサンの違い

キチンを分子式で見ますと、六角形の部分が何千、何万と連なった高分子物質です。キチンにはアセチル基という部分があるのに対して、キトサンにはそのアセチル基にかわってアミノ基があります。キチンのアセチル基は、安定していてあまり作用がありませんが、キトサンのアミノ基は非常に活発化し、有害物を吸着するなどの機能性が出てきます。キチンは水にも酸にも溶けませんが、キトサンは水に溶けず、酢などの弱酸に溶けます。

キトサンの分子量

'高分子キトサン'

キトサンは分子量が何十万から百万以上の高分子多糖類で人間の持つ消化酵素では分解できないため、体内吸収率は3%以下と微量で、そのまま摂取してもほとんど吸収されません。しかし、高分子のキトサンは、優れた食物繊維としての性質があり、脂質排泄やコレステロール低下作用など健康とダイエットに効果が期待できる機能性食品です。

'低分子キトサン'

体内に吸収されやすいように小さく分解したキトサンを低分子キトサンと呼びます。吸収されたキトサンは体内を循環し有害物質の吸着や免疫力の向上など健康に役立つ機能性を発揮してくれます。

'低分子キトサンと高分子キトサンの違い'

分子量が1万以上のキトサンを高分子キトサン、1万以下のキトサンを低分子キトサンと呼びます。低分子と高分子のどちらが優れているかは見方により意見が違っているようです。高分子のほうが高い吸着能力があり、腸で重要な働きをしますが体内に吸収しにくい。低分子キトサンは体内に吸収されやすいが吸着能力は低下するといったようにそれぞれ長所と短所があります。摂取の目的や使用方法によってどちらを選択するか判断すると良いでしょう。

'水溶性キトサン'

本来、キトサンは高分子のため、水には溶けませんが分子量1万以下にすると水に溶けるようになります。そのため水溶性キトサンとも呼ばれています。
しかし、なかには高分子キトサンでも水に溶けるものがあります。これは、高分子のキトサンが種々の酸溶媒(酸性物質)に溶ける性質を利用し、高分子のキトサンと一緒に酸溶媒(酸性物質)を配合し水溶性キトサンと称しているケースです。正確にはこれらのキトサンは低分子キトサンとは言えません。キトサンが水溶性になったのではなく、酸溶媒(酸性物質)によって溶けているだけで、分子量にも変化はなく高分子のままですから吸収が良いわけではありません。水溶性という言葉を頻繁に耳にしますが、吸収できるタイプの低分子キトサンなのかを確認することが大切です。
※酸溶媒(酸性物質)としては、ビタミンC・酢・乳酸・クエン酸、他などがあります。

'低分子キトサン(水溶性キトサン)の認められている効果に関して'

Question 人体からの重金属や放射性物質の除去に効果があると聞きましたが?

Ans キトサンには、重金属や放射性物質を効率よく吸着除去する働きが
   あることは、これまでに多くの研究から証明されています。
   特に水銀、カドミウム、ニッケル、鉛、などの重金属はほぼ100
   パーセント近く除去することができ、廃水処理を始め多方面に利用
   されています。

   キトサンを摂取することにより、放射性物質の排泄が促進され、
   吸収蓄積されるものを防止できることも証明されました。

   1986年のチェルノブイリ原発の爆発事故で汚染された地域は、
   史上最大最悪といわれる悪性腫瘍の発生が、今も続いています。
   それらの地域で、放射性物質の除去にキトサンが応用され、
   高い効果を発揮しています。
   また、白血病、甲状腺ガン、呼吸器ガン、消火器ガンなどに苦しむ
   人々の治療にもキトサンが利用されております。

   
   日本の原発事故も例外ではないと思います。
   キトサンの高い効果は証明されているわけですから
   積極的に原発の問題に関してもキトサンを利用していって
   もらいたいと思いますね。

Question 肝機能改善と肝臓病に効果があると聞きましたが?''''

Ans 肝臓は人間が生命を維持していくために、大変複雑で重要な役割
   をしている臓器です。
  摂取した食物の不要成分の分離と排泄、栄養分の貯蔵、有害物質の
  解毒、アルコールの分解など、その機能は500位上もあり
  肉体の化学工場といわれています。
  およそ3000億個もの肝細胞からなる肝臓は、非常再生力が強く
  かなり無理をしても自覚症状が出ず、沈黙の臓器とも呼ばれて
  います。
  そのため、何らかの症状が自覚できた頃には、かなり悪化している
  場合が多くあります。
  肝臓の病気というと、すぐにお酒の飲み過ぎを連想しがちですが、
  実際には日本での肝臓病の90パーセント以上は、肝炎ウイルス
  によるものです。

  肝臓障害のほとんどの場合、急性肝炎から慢性肝炎、脂肪肝、そして
  肝硬変、最後は肝臓ガンといった、はっきりした段階を追って進行
  します。
  
  病態が進むほど完治は難しくなりますので、早い段階での治療が必要
  になりますが、決定的な治療薬がないのが現状です。

  しかし肝臓障害にキトサンが有効に働くことが証明され、大いな
  る期待と注目が集まっております。
  医学博士の松永先生は「''キトサンはB型肝炎とC型肝炎のウイルスの
  活動を抑制し、肝機能を高め症状を好転させる。細胞の活性化により
  薬の副作用が軽減する''」と臨床報告されております。

  また数々の体験談もございます。

キトサンの歴史

1823年 ギリシャ語で「封筒」を意味する「キチン」はフランスの科学者オジールにより命名される。
1859年 ユーゲにより「キトサン」が発見される。
1977年 第1回キチン・キトサン会議が米国で開催され、世界的に注目を浴びるようになる。
1982年 日本では農水省の「未利用生物資源・バイオマス」開発10カ年計画でキチン・キトサンの研究がスタート。
1985年 文部省が約60億円を投じ、全国13の大学でキチン・キトサンの基礎・応用研究を奨励。
1986年 鳥取大の平野教授が、動物実験で血中コレステロール及び中性脂肪値の減少効果を確認。
1992年 水産庁の依頼により、愛媛大学の奥田教授らが食塩摂取による血圧上昇抑制効果を発表。
1992年 チェルノブイリ原発爆発による放射能後遺症に対する臨床研究を開始。
1993年 国立健康・栄養研究所が人体でのコレステロール低下作用を確認。
1996年 日本キチン・キトサン学会が誕生。

キチン・キトサンの特性と応用分野

キチン・キトサンの特性は
■生物により生産されるため資源の枯渇の心配が少なく、また生物により分解されるため汚染源とならない
■繊維、膜、スポンジ、ビーズなど様々な形態に加工できる
■キチン・キトサンは,化学処理することによって様々な新しい機能を持った素材に変えることができる
■生体に対して無害であり、安全性が高い

キチン・キトサンの応用分野は
■食品分野(健康食品・食品の添加剤・防腐剤・ペット用飼料・他)
■医療分野(人工皮膚・縫合糸・人工透析膜・人工じん帯・人工支柱・動物用治療具・薬剤用カプセル・除放性フィルム・他)
■農業分野(土壌改良剤・成長促進剤・殺虫剤・抗ウイルス剤・ウイルス病の防除・他)
■工業分野(石鹸・毛髪剤・衣類・寝具類・玩具類・クロマトグラフィー・染料紙・各種フィルム類・化粧品・ハミガキ・入浴剤・木工塗料・無公害プラスチック・TVブラウン管・各種被覆剤・他)
■環境分野(廃液凝集材・重金属排除・汚水処理・貴金属吸着・放射線物質吸着・他)
■その他

上記の利用例はごく一部です。その他、多岐に渡って研究開発が進められており、商品化が盛んに行われています。

キチン・キトサンの可能性

■細胞活性化、免疫力、自然治癒力増強作用
■代謝促進、血糖上昇抑制作用
■コレステロール吸収抑制と調整作用
■発ガン物質、放射性物質と重金属の除去作用
■癌移転阻止、抗癌抗腫瘍作用
■尿酸代謝調節、通風予防改善作用
■貧血改善、腎機能改善作用
■整腸消化促進、便秘改善作用
■血液浄化、抗血栓、血圧降下作用
■抗カビ、抗菌、口臭防止作用
■肝機能増強作用
■リウマチ、膠原病の改善作用
■カルシウム吸収促進、骨粗鬆症改善}}

食物繊維としての優れた働き

現在は3分の2が成人病(生活習慣病)で亡くなるといわれています。
糖質、脂肪、蛋白質、塩分の摂り過ぎの食事、

さらに運動不足、ストレスが主な原因になっているようです

食物には

  1.  生命を維持するために必要な栄養を補給する
  2.  味覚
  3.  生体機能を調整する

という3つの機能があります。

そしてその機能を十分に発揮できるように作られたものを
機能性食品と呼んでいます。

それは病気を予防したり、身体にとってよい有効成分でもあり
、また生体のいろいろな機能をうまく調整してくれる働きが
 あります。

栄養素 には糖質、脂肪、蛋白質、ビタミン、ミネラルの5栄養素が

    あります。

  1.  エネルギー、カロリーを供給するもの(糖質、脂肪、タンパ質)
  2.  身体の機能を調整するもの(ビタミン、ミネラルの一部)
  3.  身体の構成と、その消耗を補うもの(タンパク質、ミネラル)
       ところが最近「6番目の栄養素」として食物繊維が注目されて
       きました。
    そして、キトサンはこの食物繊維に分類されています。
    食物繊維は不要なコレステロールや脂肪、分子量の大きい金属、有害
    物質などを排泄する作用があることがわかってきたのです。

食物繊維には植物性のものと動物性のものがありますが

キトサンの特徴は多くの植物性繊維に比べて唯一の動物性繊維であること。

食物繊維によってよく「便通がよくなった」「血がきれいになった」「肥満防止になる」といわれますが、それは体内に溜まった有害物質や不要な物質を体外に排泄する働きがあるからです。
植物性繊維にもこの働きがありますが、動物性繊維はもっと効果があります。

''
食物繊維の主な働き''

  1. 水分を多く含んで便を増やすこと。繊維そのものが食べ物のカスとし て便になるだけでなく、水分によって便の量を増やし、軟らかくして 排泄しやすくします。また食物成分の吸収を抑制する働きがあります し、カロリーが少なく、肥満や糖尿病の予防にも役立ちます。
  1. コレステロールを吸着してその吸収を妨げること。
     この結果血中コレステロール値が低下し、動脈硬化、心臓病、胆石の
     予防にも役立ちます。
  1. 腸内で有用菌の増殖を促進すること。善玉菌であるビフィズス菌の餌
     となり、それを増やします。ビフィズス菌は腸内運動を促し、抗菌性
     のある乳酸や酢酸を作り大腸菌、ウエルッシュ菌などの悪玉菌
     抑えます。免疫力を強くしてガンの発生を防ぎます。

 体内の有害物質を排泄するものにはいろいろなものがありますが、そ れらは一部の異物は吸着するが他は吸着しないとか、選択性がない
 とか、副作用があったりして一長一短です。
 
 それらに比べてキトサンは有害なものをよく吸着し、酵素、栄養素な ど身体に必要なものは吸着・排泄しません。 さらに安全で副作用が
 なく、人体はの適応性に優れており、すべての点で満足すべきもので
 あることが実験によっても明らかにされています。

 生活習慣病 せいかつしゅうかんびょう(成人病)の原因は主に体内
 に入ってくる食品添加物や余分な脂肪、重金属、放射性物質などによ と考えられています。 それらを排泄し、生活習慣病やガンを予防し
 または症状を軽減するのにキトサンが非常に有効であることは疑う余 地がないと思います。

 食物繊維には水溶性のものと不溶性のものとがあります。
 この水溶性と不溶性のもんもは、どちらも私たちの健康に非常に役立 っています。
 さてキチンキトサンですが、キチンは不溶性で、キトサンも一応不溶 性ですが、胃酸に溶けて水溶性の働きをするので、大変貴重な繊維質
 だといえます。 
 不溶性のキチンは便秘、大腸疾患、肥満などに有効だといわれていま す。
 
 キトサンは胆汁酸と結合し、血清コレステロールの低下作用がありま すので、高血圧症、胆石、糖尿病などには、水溶性の繊維が必要です
 このようにキチンとキトサンは異なった機能をもち、いろいろな形で
 私たちのために役立ってくれるのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

友近のダイエット方法 ケアプロスト・ルミガン